So-net無料ブログ作成
検索選択

プロローグ~仕事を辞める理由 [主夫の友]

さて、ビル設備のメンテナンス会社勤務16年目。
役職はないですが、現場部隊のリーダーをやっています。
恐らく、あと数年すれば管理職です。

機械をいじるの自体は嫌いではありません。
特に、壊れた部品を交換せずに、やっつけで応急処置することに達成感を感じるタイプです。

ただ、会社組織にはちょっと向いてないかもしれません。
仕事できない人が偉くなっていくのが我慢できません。
幹部を満足させるためだけの会議も心の底から面倒くさいです。
事故が起こるたびに安全ミーティングや討議シート提出?必要かもしれませんが効果があるとは思えません。
仕事してない人の給料が下がらないのが納得できません。
1度上がってしまえば、降格がない人事制度おかしいと思います。
できない量の仕事を押し付けてきて、故障が起きれば「やるべきことをやってないからだ!」・・・ありえません・・・人が足りてないんですから・・・

こんなことは、誰しもが多かれ少なかれ思っていることかもしれません。
こんな理由で安定した収入と、約束された退職金を棒に振るのはおかしいと思う人もいると思います。
まあ、わたしも思い切った決断だなあとは思います・・・

よくいるじゃないですか、「会社辞める!」って狼少年のように言ってる人。
私もその一人でしたし、まさか本当に辞めるとは思っていませんでした。

最初の転機は結婚です。
正確には嫁の仕事ぶりです。
人に感謝され、人の役に立ち、自分も患者さんと一緒に成長する。
そんな彼女の仕事ぶりを見て、会社の為に仕事してる自分がますます嫌になってきました・・・
(彼女は「プロフェッショナル」に出演しても大丈夫だとろうと密かに思っています・・・)

第2の転機は東日本大震災です。
故郷の惨事を安全なところからテレビで見ているだけ。とても歯がゆかったです。
多少の意気地があれば、会社休んで駆け付けたでしょう。
でも、僕の頭の中には色々な言い訳が浮かびました
(自分がいなくなったら仕事が回らないとか、現地に行く手段がないとか、地震復旧関連がたてこんでいて、これをこなすことが復興につながるととか・・・)

結局僕がやったのは、毎日実家の両親に電話することと、物流が回復してから実家に食料を送ることだけでした。
その間、1万人以上の方が突然の天災で亡くなるという事実を目の当たりにし、自分もいつどうなるか分からないという思いが強くなりました。

「生きているということは、確率の高い偶然だ」
と、昔誰かが言っていたのを思い出しました。

そんなこともあって、昨年の夏あたりは、廃業した銭湯を訪ねて設備を貸してほしいと頼んだりもしてみました。
若手銭湯経営者の方に突然電話して、お話を聞いたりもしました。

そして、最後の決め手は妻が言った
「そんなに仕事辞めたいなら辞めちゃえば・・・?人生一度きりなんだからさあ」
という一言でした。
別に僕は鬱になったわけでも、体調を崩した訳でもありません。
まだ、ぜんぜん働ける高給取りな旦那に、こんなこと言える人はなかなかいないでしょう。

というわけで、今年度いっぱいで退社することにしました。
あと、半年ちょっと。

不安もありますが、期待も大きいです。

人間洗濯機初体験 [銭湯]

最近は、休みの日によく息子を連れて銭湯に行きます。

1歳半の息子は最初のころ、カランを押して水を出すことができませんでした。
最近は力もついて、コツ的なものも覚えたようで、水を流しまくって困っています・・・
桶に汲んでは流すの繰り消し・・・

まあ、そんな感じですが、先日ちょっと足を延ばして、いつものとこじゃない銭湯に行ってみました。
えーっと、いつものとこは小町湯で今回行ったのは観音湯です。

小町湯はオーソドックスな銭湯なんですが、観音湯は入口に人間洗濯機と書いてありました。
(こんな近所にあこがれの人間洗濯機がー)と息子そっちのけで大喜び。

こちらの観音湯、小町湯より小奇麗なのですが、最近では少なくなりつつある番台形式。
小町湯と同じように天井の高い銭湯です。東京の銭湯は解放感があっていいですね。

いつものように、息子とひとしきり遊んだ後、待ちに待った人間洗濯機へ!

まあ、あれです、期待が大きすぎた感じですね・・・
もっと凄まじい流れなのかと思ってました・・・

でも、やっぱり東京の銭湯は大きくてきれいですね。
他の銭湯にもどんどん行ってみよう。

キャリアつけました(家族と自転車は一緒に運べない・・・) [ムルティプラ]

パンダから乗り換えるにあたって、自転車を車内に積めるというのが条件の一つでした。
むる子は積めます。
リヤシート1個外しで2台積めました。

しかし、家族で移動する場合、現在のフォーメーションではちょっと自転車乗せるのがきついのです。
現在は、
私→運転席
息子→助手席
娘→リア右端
嫁→リアセンター
んで、フロントセンターはテーブルとして使用
リアセンターに座る嫁が、隣の娘と前の息子を見ます。

空いてるリア左を外して自転車を置くと、自転車とチャイルドシートに挟まれたリアセンターには嫁が乗り込めなくなります。
リヤセンターにチャイルドシートをつけようかと思いましたが、シートベルトが短くてチャイルドシートを回りません・・・

結局リアシートが外すか跳ね上げるかしないと自転車乗せるのは厳しいので、必然的に屋根の上へ・・・

THULEの窓枠に引っ掛けるタイプのキャリアベースをつけました。
パンダから使いまわせたのは、自転車用のアタッチメントだけだったなあ・・・
フットもバーも流用できず、もったいない・・・

まあ、つけるのは簡単なんですが、これ風切り音がすごい。
110km辺りから急にうるさくなります。
自転車アタッチメントつけてない状態でこうなので、付けたらもっとうるさいんか・・・

バッテリーが上がりました。 [ムルティプラ]

おととい、嫁の実家へ遊びに行こうとして2週間ぶりにむる子始動。
と思ったら、ほとんどセル回りません・・・

こういうのが一番嫌なのです・・・
家族とのお出かけ前のトラブルが・・・
パンダ乗ってた時は独身だったので、何があっても自分が困るだけだったのですが・・・
結婚してからは、家族みんなに迷惑がかかります。
仕事辞めたら維持していけないんじゃないかという不安が頭をよぎりますが、それはまた別の話。

さて、バッテリー上がりですが、とりあえずボンネットを開けて覗きこむと、バッテリーのプラス端子に盛り塩したかのようなバッテリー液の乾燥カス・・・
よくわからんが、バッテリー液が漏れてたことは間違いないようだ。

そもそも、車検の時に気がつかないのか・・・?
端子部の緑青の具合から見て、結構以前からっぽいのだが・・・
まあ、普段自分がボンネット開けてれば気がつくわけで、そこは素直に反省です・・・
ノーメンテで頑張れる車じゃないもんな・・・

保険についてるロードサービス呼んで、見てもらったけどそこまでひどくはないみたい。
一応、嫁の実家熊谷までそのまま走る。エスンストしないように最大限の注意を払いながら・・・

嫁をと子供たちを家に降ろし、一路オートバックスへ。
バッテリーを見ても型式らしいものが書いてないので、お店の人に聞いてみる。
今まで知らなかったのだが、輸入車って規格が違うのね・・・
そして、店員さんが教えてくれたバッテリーは、「欧州車専用」という仰々しい箱に入っていて、値段も負けずに仰々しい・・・
バッテリーなぞ数千円で買えると思っていたのが、いきなり23000円とか一体どーなってるんだ・・・

「やっぱりいいです」
という言葉が思わずこぼれそうになったが、むる子の名誉を守るため、ここはきっちり交換してに妻の信頼を取り戻さねば。
ついでに、近所のホームセンターでは売ってなかったH7のバルブも買って、この日は終わり。

翌日、朝食後すぐにバッテリー交換開始。
マイナス端子はすぐに外れたが、プラスが外れない・・・
マイナスが10mmのナットだったので、プラスも10mmかと思ったんだが・・・
盛り塩が発生した時になんか化学変化がおこって痩せてしまったのか、もとからなめ気味だったのか・・・
10mmはスカスカだし9mmは入らないし・・・

モンキーとかペンチ使って無理繰り外しましたけど、端子も緑青が酷いし、ナットは山がなくなっちゃったので近いうちに替えないと、次バッテリー替える時また苦労するなあ・・・

というわけで、なんとか交換も無事に終わり、しばらくエンジンかけといたら絶好調。
4年後の車検までもって欲しいなあ・・・

会社を辞めることにしました。 [日々雑感]

昨日正式に申し入れをしました。

もともと会社辞めたいなあと漠然と思っていました。
嫁に出会って、彼女の仕事ぶりを目の当たりにし、衝撃を受けました。
同時に、自分はこのまま今の仕事を続けていていいのだろうかという思いがどんどん大きくなっていきました。

ずいぶん悩みました。
この場合、悩みと言うよりは、未練を断ち切る覚悟といったところでしょうか。
もう二度と現在の年収には戻れないし、退職金も雀の涙。
とりあえずは主夫になって育児をしますが、子育てが一段落する頃は40過ぎ。
その時自分には何ができるのか?

不安は尽きないのですが、期待もたくさんあります。
子供が一番可愛い時にメインで育児ができるし、仕事だって稼ぎを気にせず選べます。

とりあえず、自分の人生では最大の転機になるでしょう。


スタンドで話しかけられた! [ムルティプラ]

スタンドで、店員さんから
「初めて見ました、なんていう車ですか?」
って言われた!

ここぞとばかりに色々説明してご満悦な私でした。

思わず手洗い洗車頼んじゃったよ。

車検に落ちたらしい。 [ムルティプラ]

さんざん悩んで、購入店に車検をお願いした。

バックするときにブレーキを引きずってるような音がするのと、クラッチ切った時にクリスの切れたベアリングが回転するような音が出ていたからだ。

そしたら、お店から電話が入って「サイドブレーキの効きが悪くて車検に落ちました」という連絡。
全く構造が分からないのですが、どうもサイドブレーキをかける部分が固着しているらしい。
バックの時の音もそれが原因なんだろう。

オーバーホールでやってくれようとしたみたいなんだけど、結局キャリパー交換と相成りました。
そしたら、また電話があって、サイドブレーキのワイヤーがもう駄目で、それでキャリパーが戻らずにそのまま固渋した可能性が高いとのこと。
ワイヤーも交換と相成りました。

クラッチの方は、音さえ気にしなければまだいけると言われたけど、ちょっとでも劣化がわかった部品はできるだけ早く交換したい。
一人ならばいいのだが、家族と乗っているときにお不動様は絶対避けたい・・・
というわけで、そろそろ7万キロなので、あと10年乗るためにクラッチも交換。

最終的に30万コースと相成りました・・・

いいんです、部品の交換は。
自分も、物は違えど似たような仕事してますんで、予防保全に勝るものはないんです。

でも、「車検に落ちた」というのが釈然としない・・・
検査される個所を確認しないで検査場に持ちこんだってことよね・・・
それって普通のことなのか・・・?
それで「2回分の印紙代が・・・」
と言われても、どうもすっきりしない・・・

海の方に行ってみた。 [東日本大震災]

仕事で多賀城へ。

というか、海沿いの工場へ実習。
震災後、海側へ行くのは初めて。
なんというか、海の方に行くのは避けていたのだ・・・

宿泊先のホテルから、工場へ向かうバスの窓から見える景色は意外と普通。
と思っていると、海に近ずくにつれ、一階部分がひどく壊れている家や、潰れて錆びている車、そしてがれきの山が視界に入ってくる。

一週間お世話になった工場も、1階にある生産ラインはすべて水につかり、部品の交換やオーバーホールで復活させたとのこと。
工場内の光景は震災前と全く変わらない。
自分の頭よりはるか上にある津波の跡さえなければ、水没したなどとはだれも思わないであろう・・・

研修の最終日、国分町で懇親会。
数軒目にキャバクラに流れたわけですが、お店はガラガラ・・・
とても金曜の夜とは思えない。
女の子に聞いても、震災復興で国分町がにぎわってたのは去年の年末位までとのこと。
帰りに乗ったタクシーの運転手さんも同じようなこと言ってた。

復興特需なんて数年しか持たないだろうと思っていたが、国分町に限ってはもう特需も終わりつつあるようだ・・・
タクシーの運転手さんは、長期で仕事する人は現場近くに会社がアパート等の宿泊場所を用意することが多くなってきたので、平日は国分町まで来る人が減ったって言ってたけど・・・


長女が生まれました。 [日記]

4月の初めに女の子誕生。

産後の経過もよく、今は嫁の実家で頑張って成長している。

長男の時は難産で、分娩室に飲まず食わずで10時間くらいいた気がするが、今回はあっけなく(前回に比べればですが・・・)無事に出てきてくれた。

どこに行っても
お母さんにそっくりですねー」
といわれる長男と違い、現時点では結構あたしに似ている(ような気がする)

早く4人でサイクリングいけるといいな。

いわゆるソーシャルゲームっていうやつ。 [ゲーム雑感]

スマートフォンの普及に伴い、今までオタクちゃんがパソコンでやっていたネットワーク型のゲームを、一般の人が楽しむようになってきた。

オンラインゲームの変遷を見守って来た自分としては、なにか感慨深いものがある。

お金を集める仕組みだけを追求しゲーム性は2の次。
以下に低予算で作成し、それを楽しそうに見せるか。

逆にお金をかけてもいいと思えるものはどんどん減っていくようにように思う。

良質なゲームが、モバゲーとかグリーに駆逐されないことを祈るのみ。

いま、3DSを買ってファイヤーエムブレムをやろうかどうかとても迷っている・・・
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。