So-net無料ブログ作成
検索選択

日産ジュークとフーガに見る「寸詰まり感」 [車]

ジュークを写真で見たときは、
「まあ、こういうの好きな人もいるだうし、そこを狙った商品なのね」
くらいにしか思わなかった。

しかし。
実際に走っている姿を見て、
「なんだ、このすごい寸詰まり感は!」

あれはもう、伸びやかさとは対局の、塊感を突き抜けた寸詰まり感とでも言おうか・・・
まあ、(この車は全く売れないだろうな)と思ったわけですが、
今日、フーガを見てまったく同じ感想を持った。
あれも、ひどい寸詰まりだ。

マセラティから、いいところをすべて抜き去ったらああいうデザインになるのだろう。
目指した物はなんとなくわかるけど、できあがった物は全く違う物だったって感じか・・・?

そう思っていたら、現行レガシィスカイラインクロスオーバーなんかも寸詰まり感が漂っている。
国産車の流行なのか???
あたしの感覚がおかしいのか?

チョロQよりひどいと思うんだが・・・

サニーに乗って思うこと。 [車]

パンダ亡き後、我が家にはレンタカーのサニーがやってきました。

なーんの変哲もないサニーです。

最初は(こんな車恥ずかしくて運転できない)と思い、
パンダをぶつけた嫁への当てつけのように、かたくなに運転しませんでした。

ところが、ここは車王国群馬。
免許持ってる人間が、車を運転しないで生きていくのは無理な県です。

と言うわけで、最近はちょくちょく乗ってるわけですが、
これがまた、運転してて全くおもしろくない。

段差超えたときの剛性感の無さはパンダ並み。
道路の細かい段差を良く拾うのは、パンダより若干マシな程度。
オートマは当然4速で速度が上がればそれなりにうるさいし、ロードノイズも盛大。
まあ、パンダと大差ないのですが・・・唯一違うのは、運転してて高揚感が全くないこと・・・

とまあ、悪いところばかりが目についたわけですが・・・
最近はどうでも良くなってきました・・・
というか、淡々と仕事をこなすサニー号をちょっと見直し気味。

やっぱり、オートマは楽だし、後ろにドアがあるのは超便利。
こないだ、自転車がパンクしたときにレスキューしてもらったけど、トランクにロードバイク入りました。
そして、エアコンも良く効く。
なんだかんだ言っても、パンダよりは楽。

掃除機の時も思ったが、やはり、国産はかゆいところに手が届いていい。
最近(昔からか?)車雑誌では、ゴルフやポロを絶賛し、国産車に警笛を鳴らすような記事が多い。
(っていか、プリウスが出たときは、外国車なにするものぞみたいな論調だったが、なんだこの差は・・・)

確かに、VWに代表されるドイツ車をはじめとする欧州車は車としての出来は国産よりいいのかもしれない。
それは、コーナーでの姿勢制御だったり、高速安定性だったり、剛性感だったりするんだろうけど・・・

基本性能が一緒なら使い勝手がいい方がいいに決まってる。
基本性能に差があっても、それが体感できなければ、使い勝手のいい方がいい。
体感できても、使い勝手と秤にかければ、使い勝手を選ぶ人が多いだろう。

そもそも、基本性能ってなんなのか・・・
欧州車と日本車の差って、単にニーズの差じゃないか?
日本のメーカーだって、やろうと思えば欧州車っぽいの作れるんじゃないのか?

とまあ、あたしがごちゃごちゃ考えている時でも、サニー号は淡々と距離を刻んでいく。

パンダとお別れしてきました。 [車]

すでに事務手続きが済んでおり、ナンバーを外されたパンダは、車屋さんの片隅にぽつんとたたずんでいました。

ボンネットはひしゃげ、グリルはラジエターにめり込み、ライトは割れてレンズが無くなっていました・・・

本当に申し訳ないことをしたと何度も謝りました。

ボンネットが開かず、車載ジャッキを取り出すのに、かなりの時間悪戦苦闘しました。
その後は順調に、アルミオーディオ、ETC、自転車キャリアを外して、作業終了。

涙を堪えながら2時間、車屋さんの片隅で作業させてもらいました。

これで、本当のお別れです。

ほんとごめんな・・・

パンダ半壊・・・ [車]

先週の火曜日のこと。

仕事中に嫁から電話。
まあ、この時点で非常事態確定。

ノロノロ渋滞中にぼけっとしてて、前の車に減速せずに突っ込んだとのこと。
本人とお腹の赤ちゃんは大丈夫と言うことで、ホッと一息したのもつかの間。

相手は腰痛を訴え病院へ。
相手の車はトランクが壊れ、パンダもグリルがへっこみ、ライトが割れていると言う・・・
そして走ると異音がするという。

なんとか自走出来そうと言うことで安心したが、どうもその時点でクーラントが抜けていたらしい。
この日は雨が降っていて、嫁はクーラントが抜けたことに気がつかなかった。
そのまま走ってきて、家についたときにはボンネットから煙が出てきたそうで・・・

翌日、車屋さんまでレッカー。
その日のうちに電話がかかってきて、ラジエター周りとフレーム修正でざっくり4~50万と言われる。
エンジンは開けてみなければ分からないとのこと・・・

もともと、子どもが生まれるので乗り換えを考えていたが、こんな形で別れがくるとは・・・
直すかどうかは少し考えると返事をしたが、さすがに子育てに向かない車に50万となると考えてしまう・・・

家族会議で廃車にすると決めたが、いざ車屋さんに電話しようと思って携帯取り出しても、
電話をかける段になって、駐車場にちょこんとたたずむパンダの姿が頭に浮かび、電話することが出来ない・・・

もう一回家族会議をして、さんざん考えた挙句、結局廃車にする方向で話が動き出したのが昨日。

十年近く乗り、10万キロを超えてこれからという時だったが、いくら愛着があろうと最後はあっけない。
手のかかる子ほど可愛いってのはホントだな・・・

本来ならば次のオーナーさんに可愛がって欲しかったのだが、ほんと申し訳ないことをした・・・

いままでたくさんの思い出をありがとう。

グランデプントに試乗した。 [車]

先日、メリーバを見に行ったが、車検切れで試乗できず・・・
何のために2時間半かけて神奈川まで行ったのかよくわからない結果に・・・

DSGの車に手が出ないサラリーマンとしては、シングルクラッチのセミMTに興味津々。
というわけで、今回はグランデプントに試乗してきました。

最初は上位グレードのPlusに乗り込む。
が、このモデルサンルーフが付いてるのはいいが、2重天井になっていて下位グレードより天井が低い。
ちなみにあたしは175cmだが、リアに座ると頭が天井に当たる。
これは、盲点だな・・・

というわけで、試乗したのは下位グレード。
初のデュアロジ試乗。
一通り、操作説明を受けてスタート。

ユーザーレビュー等では、一速→2速の変速ショックが大きいらしい。
どんなものかと思っていたら、思った異常にデカイ・・・
変速のタイミングが分かれば、アクセル抜いて対応できるが、普通のトルコンATの感覚で運転するのは無理。

3速以降は、アクセル抜いてやればかなりスムーズに変速するが、
1速→2速はちょっと気を抜くと変な前後Gに襲われる・・・

基本的にはMTモードで運転する車っぽい。

エンジンはスムーズに回って楽しいが、トルクが不足気味。
パンダの方が全然加速してる感じがする。

足はストロークがあるのにコーナーでは粘る感じで、現代の車ってすごいなあと思った。

結果的には、デュアロジなら普通のマニュアルかトルコンでいいなあと言うのが結論・・・
運転席のあたしと、リアに座っていた嫁は完全に車酔いしましたよっと・・・

パンダ最大のピンチ② [車]

さて、昨日神奈川の奥地まで、片道2時間半かけて行ってまいりました。

目的はオペルメリーバ。
超マイナー車ですが、カングーとフィット足して、ドイツをふりかけたような車です。

後席のリムジンモードをはじめ、外国車離れしたシートアレンジや、
大きなラゲッジ、10エアバック等大変気に入りました。
そして、オペル故の超低価格(これ、ポイント

見た車は2004年式3万キロの車ですが、こみこみ80万。
同じ条件で、カングーなら倍はするでしょう。

ネックは自転車が前輪外した状態で縦に乗らないこと。
恐らく壊れるだろうということと、その際の面倒くささ・・・
パンダなら面倒見てくれるとこ多そうだけど、
オペルは部品とかデーター読み出す装置とかどーなんか・・・
あとは、特殊なミッションの車なのに試乗が出来なかったこと・・・

うーん・・・

CR-Zの8割は栃木県で売れていると思われる・・・ [車]

先日、宇都宮に行った。
CR-Zのセールスが好調な理由がわかった・・・

自分は、現在都内に務めていて、仕事は外回り。
実際に、CR-Zが走っているのを見たのは数回。

宇都宮では、恐らく一生分のCR-Zを見た!
何台見たか覚えてない・・・

この感覚は、六本木で一生分の欧米人を見るのと極めて似ている・・・

こんどこそパンダ最大のピンチか・・・ [車]

ちょっと気が早いのですが、子供が生まれたらちょっと無理かなあと・・・
基本的には2人+荷物な車ですよ・・・
ドア3枚で後席へのアクセスも悪く、ドアもガバっと開かないと止まらない・・・

こないだ、散歩がてら近所のトヨタ行って、ポルテ見てきた。
国産車の過剰装備に二人で驚きの連続。
特に電動スライドドアにはビビった。
至れり尽くせりだなあ・・・

今日、嫁の実家に遊び行ったら、向こうのお母さんからも、強烈に買い替えをプッシュされた・・・
その、実家への道中も、パンダちゃんの揺れが気になると言う・・・
ダンパーもヘタってると思うが、ホイルベースの短さからくるピョコピョコ感はどうにもならんだろ・・・

うーん・・・

この車には何があるのか?「CR-Z」 [車]

受注が目標を大きく超えたという記事を読んだ。
新車の初月受注台数は、大抵目標を大きく超える。

でも、この車がそんなに売れるとは・・・

ターゲットはメカドック世代?
少なくとも、若者狙いではないだろう。
誰が買っている?
お父さんセカンドカーか?

あたしは、モーターショー時のエクステリアならイケそうな感じがしたが、
市販車のデザインを見て大落胆・・・谷底へ真っ逆さま。
SSM→S2000を思い出した・・・

最近のホンダ車で、欲しい!と思ったカタチの車はない。
インサイト、ステップワゴン、そしてCR-Z・・・

あたしゃ専門家じゃないので、どこのラインがどうとか言う気はないが、
面が現代的ではない感じがする。
わくわくもしなければ、スポーツも感じない・・・

さらにひどいのがインテリア・・・
センスが完全にAKIBA系・・・
ガチャガチャした、落ち着きの無い、照明青くしときゃいいだろ的な、安っぽいガンダムちっく。

ビート大好きなあたしには、到底受け入れられない・・・

車に関しては、中身が良くてもカッコ悪かったら絶対売れない。
もっと頑張ってくれ~

祝10万キロ [車]

ふふふ、とうとうこの日がやってまいりました。

ある朝に嫁から送られてきたメールの添付ファイルがこれ↓
100221_0939~0001.jpg

自分が関わった車が10万キロを超えるのは初めてです。
ガソリン臭くなったりとか、パンク癖があったりとか、それなりにトラブルも有りましたが、
なんとかここまで来ました。

一番のピンチは、結婚したときですね。
どちらの車を手放すかで、静かな根比べを繰り広げていました。
嫁が、「パンダで通勤するから練習させて」と言ったときに
胸をなで下ろすと共に、少々罪悪感というか、後ろめたさを感じたのも確かです。

最初の頃は暖房が効かないとか、ハンドルが重いとか言っていましたが、
最近では、洗車したり、ETCつけてきたりとかわいがっている様子。
(まあ、ほぼ彼女の車みたいな感じですが・・・)

高崎でも有名になりつつある(?)ターコイズのガンキャノンパンダ。
とりあえずは、次の車検まで頑張りますよ。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。