So-net無料ブログ作成
検索選択

Logocool 「G9」 [マウス]

結局買ってしまった・・・

MX510が調子悪くなってから、次はG5かG9だなあと思っていた。
Razerの最近の製品はちょっと大振りであたしの手に合わないし、
SteelSeries Ikariとか興味あったけど、秋葉まで行く気力なし・・・

さてG9
まだ、ゲームには使ってないけど結構いい感じがします。
カバーは幅広タイプを使っています。
ちょっと上下の動きが苦手かな・・・そのうち慣れると思うけど。

あと、左右のボタンの高さが同じだからだと思いますが、
長時間の使用でちょっと手首が凝る・・・
500系のように、右ボタンは低めに付いていたほうがいいと思う。

あと、以前は気になっていたホイールの感触が、あまり気にならない。
というか、これはこれでいいと感じる。
クリック感が弱く、ホイール自体が500系より重量がある感じで違和感があったが、
慣れてしまえば特に問題は無い。

えーっと、あと気になるのは重量ですかね・・・
重い・・・
ウエイト付いてくるんだから、素の状態はもっと軽くしてくれ・・・

色々文句書いてますが、思った所にピタッと来る能力は結構高いと思います。
まあ、こればっかりは手との相性ですけどね。

週末はゲームに使ってみます。

Logicool G9 レーザーマウス G-9

Logicool G9 レーザーマウス G-9

  • 出版社/メーカー: ロジクール
  • メディア: エレクトロニクス


壊れました・・・Logitech(ロジテック) 「MX510」(赤) [マウス]

若い子や、外国娘に浮気しつつも・・・
気が付けば長期にわたり我が家のメインを張ってきたMX510

ロジ500系の軽量バージョンで、安心の形状とクリック感。
在庫処分品を格安で購入後、基本的にはコレを使っていました。

どうも、Operaのマウスジェスチャーとか、テキストのコピペをミスるなあと思ったら、
ボタンがチャタっている様子・・・
押し込んでから指の力を抜いて、ボタンが戻るときに、もう一回押されてますねえ・・・
BF2ではそんなに気にならないけど、普段使いに支障が・・・

そんなこんなで、そろそろ引退させようかと。
底のパッドなんか、何回取り替えたか分からないくらい使いました。
もう、大往生でしょう。

一応、暫定メインは、ストックの中からロジのG3を出してきました。
ボタンの幅が狭くて使いにくいのですが、他メーカー入れるとソフト入れんのめんどいし・・・

まだ、500系の後継機って手に入るんかなあ・・・
G9はあんまり使いやすそうではない・・・


お疲れ様でした。


マウス 「G9 Laser Mouse」 [マウス]

別に、買ったわけじゃありませんよ・・・

発売されてからずっと気になっていました。
一昨日、渋谷に行く用事があったので、ビックカメラに行ってみました。
でも、触れるやつがなかった・・・

一万円以上するマウスを、触りもしないで買うのは無理・・・

んで、今日。
有楽町ビックに行ってきました。
さすがは大型店舗、ありましたよ触れるG9が!

着せ替えカバーとか、ウェイトも用意してあって至れり尽くせり。
人目を気にせず、散々いじり倒します。

まず、メインボタン。
本当にゲーム用かと思うくらいもっさりしています・・・
右ボタンが妙に重いです・・・
ストロークも大きいし、押すのにも力が要ります。
これはちょっとアリエナイと思いました。

もっと気になったのがホイール
クリック感があるモードにしても、妙に軽いです。
今使っている、MX510RDでさえたまに武器が行き過ぎるというのに・・・
これは致命的な気がします・・・

デザイン自体は、結構よさげです。
持った感じもいいです。
お尻が短いのも、指でつまむ派の人には使いやすそうです。
ボタンも500系より水平に近く、位置的には押しやすいです。

カバーを換えて、大きさを変化させることが可能。
まあ、変わるのは横幅と手触りだけなので、どっちでもいいかなあという印象。

これに1万円出せるかというと、ちょっと無理・・・
新型がこれなら、500系のマウスを買いだめしておく必要があるかなあ・・・

その後、ヘッドセットを見に秋葉原へ。
いつものコース(クレバリー2号館~ark~USER SIDE~あとは気分)
arkとTZONEで、G9が展示してあったが、有楽町ビックに置いてあったのとは
だいぶボタンの感触が違っていた。

メインボタンはいつものロジの感じ。
ショートストロークで小気味いい。
ホイールも微妙にクリック感がはっきりしているような気がした。
まだアレかな、出たばっかりで品質が安定しないんだろうか???

これはちょっと様子見だなあ・・・

Logicool G9 レーザーマウス G-9

Logicool G9 レーザーマウス G-9


Razer 「Krait」 [マウス]


Raptor M2と同じ日に購入。
元はと言えば、Razerにも小型のマウスがあると知っての秋葉原行きだった。
偶然見つけたM2に心奪われたが本命はこちら。
RazerのCopperheadの軽さに魅了されつつも、手が小さいばっかりに悔しい思いをした。
もしかしたら、その悔しさを晴らせるかも知れない。
そんなことを考えながら秋葉原へ。

モデルチェンジも控えているのか、どこのお店でも在庫が豊富でしかも特価。
3000円なら二つ買ってもいいなあと思うけど、なんとかそこは我慢。

ボディ
Razer Copperheadに比べると全体的に一回り小さい。
ロジG3や、Raptor M2と同じくらい小さめなマウス。
写真だと、そんな変わらないように見えるが、実際に持ってみるとかなり小さい。
G3やM2に比べるとかなり細身。
Copperheadで気になったサイドのエラは気にならない程度の出っ張りになっている。

・ボタン
感触はCopperheadと同じく、ストロークは長めだが非常に軽いタッチ
サイドボタンはついていない。
ホイールのクリック感もよく、何コマ動かしたか分かりやすい。

・操作感
まさにCopperheadの小型版。
すべておいて軽い操作感はそのままに、サイズが小さくなっている。
まさに、自分のためにあるようなマウス。
ホイールにも問題なく指がかかる。

でも・・・、うちの固体だけかもしれませんが、ホイールが時々反応しない・・・
まわしても、武器が切り替わらないことが頻繁に発生。
非常に気に入っているので、武器の変更はキーボードでやろうと思って練習するが挫折・・・
これも、泣く泣く押入れ行き・・・

RaptorもRazerも、すごくいいマウスなのに、ソフト関係が弱いのかな・・・
すごく残念・・・


Raptor 「M2 Platinum」 [マウス]


秋葉原をふらふらしている時に見つけたマウス。
初めて見た時、運命の出会いだと思った。
少しの迷いもなく、すぐに買うことは決めました。
でも、そこのお店にはRaptorのマウスがもう1機種おいてあり、どちらを買うかでかなり悩む・・・

まず、購入したM2とお店で見たM3の違いを。
形状はこちらで確認してください・・・
http://www.raptor-gaming.com/

M3は親指側と、薬指側に羽が生えてます。
エイみたいな形してますね。
一方M2は薬指側のみに羽があります。
これによって、操作感が大分変わります。
もっと言えばM3はちょっと違和感がありました。
実際購入していないので、慣れの範疇かどうかは分かりません。

なもんで、M2で決まりかなあ(こっちのほうが安いし)と思ってましたが、なんかM3の方がボタンがクリックしやすいんです。
なんでだろうと思って、真横から見ると理由が分かりました。
M3の方が、ボタンが高い(ボディ先端部が厚い)位置についていました。
しかも、Razer系のように机に水平に近い角度でついています。
これが、軽くタップするような感じでクリックできる原因でしょう。

持ちやすいのはM2、ボタンがクリックしやすいのはM3。
悩んだ結果選びきれず・・・結局安いM2を買いました。
もし、M2が良ければ、M3も買ってみればいいと、この時は思っていました。

・ボディ
右側の羽が特徴的なM2、結構お気に入りの部分です。
イメージ的には、ロジMX1000をコンパクトにした感じ。
猫背で、全長が短いです。
手が大きい人は、手のひらとボディーが接しないかもしれませんので注意。
全身ラバー地で、ホールド性良好。
運命を感じるほど手にしっくりきたマウス。

ちなみに、ロジGシリーズのように、内部にに重り搭載可能。
空の状態だと、ロジのG3より軽いです。

・ボタン
ストローク感、クリック感共にロジに似ており、とても好み。
ホイールのクリック感が弱く、BF2の武器変更なんかだとちょっと困る。

・使用感
形状や、感触はなんの問題もなく、今まで使ったマウスの中では一番自分の手に合っていると感じた。
が・・・時々反応が遅い時がある・・・
カーソルが一瞬遅れたあと、ぬめーっと動き出すことが頻繁にあり、我慢の限界を超えた・・・
うちに来たマウス特有なのか、全部がそうなのかなはわからないが、うちの環境ではそうなった。

かなり、涙を飲みつつも押入れへ・・・


Logicool(ロジクール) 「G3 Laser Mouse」 [マウス]


MX510を使いつつも、自分の小さい手にあったマウスが欲しいなと思って買った製品。
自分の手元にあるマウスでは、唯一「Logicool」のロゴがついているマウス。
小型マウスは、これが使いにくかったため、この後RapterM2やRazer kraitなどさらに迷走することに・・・

ボディ
ごく普通の左右対称小型マウス。
背も低く、全長も短いため、親指と薬指でつまんで手首のスナップだけで動かすことが可能。
購入の動機は、こういう使い方をしたかったため。

・ボタン
ボタン自体は、他のロジ製品と似たタッチで安心できる。
ただ、実際にマウスパッドの上で使ってみると、本体形状の問題か、クリックするのに若干力が必要。
「押す」というのを意識しないと押せない感じ。
左右対称なので、右ボタンと中指の位置関係がよくない。
普通に使っている時でも、中指が右ボタンに半分しかかからない。
ホイールを使用しているときは、中指が完全にボタンから外れる。
ちなみに、Razerの製品も左右対称だが、こちらはボタンが幅広いので本題無い。

(左、Razer Copperhead 右、G3 ボタンの幅の違いが分かる)

・使用感
中指がすぐに左ボタンの外側に行ってしまうのと、クリックのしにくさからすぐに使わなくなってしまった・・・
左右対称マウスの場合は、Razerのようにボタンの幅を広くしないと使いにくいと思われる。

現在は押入れで眠っている・・・


Logitech(ロジテック) 「MX510」(赤) [マウス]


いつ購入したのかちゃんと覚えていません。
Gシリーズに切り替わった直後の在庫処分セールで3000円位で買った記憶が・・・
二年くらい前かな?

ロジMX500の後継機MX510。
通常のMX510は青ですが、これは軽量バージョンの赤。
青は持ってませんが、MX500と比べると大分軽いです。
ボディーはMX500とほぼ一緒。
ボタンの配置や感触も一緒です。
センサーと、表面の仕上げが違うけど、あんま関係ないかも。

色々と浮気をしたけど、結局今はこれに落ち着いてます。
壊れるまで使ってから、Gシリーズに移行すればいいかなあと思っています。


Razer 「Copperhead」 [マウス]


ロジMX1000が、思ったとおりゲームに向かなかったので、後継機を探している時に出た製品。
ゲーム用としては有名なRazer社のマウス。
一度は使ってみたいと思っていたので購入を検討。

まだ「Copperhead」は出たばかりで、同じくRazerの「Diamondback」の方が流通量が多く手に入りやすかった。
秋葉原を歩き、どっちも触ることが出来るお店で小一時間悩む。
「Diamondback」の方が持ちやすいが、外装がオールプラスチックでいかにも滑りそう・・・
「Copperhead」はサイドがゴムで滑りにくそうだが、そのゴムの形状が変で持ちにくそう・・・
サイドのボタンは「Copperhead」の方が押しやすそうetc・・・

結局、「Copperhead」を購入しました。

ボディ
ロジ500系に比べると背が低く平べったい。
横から見ると、ロジ500系は綺麗なかまぼこ型だが、「Copperhead」は若干後ろの方にボリュームがある。

後ろから見ると、ロジ500系は台形だが、「Copperhead」は台形をひっくり返した感じで設置面積が狭い。

この形状の形が、大きな使用感の違いとなって現れる。
コードがロジ他に比べて細く柔らかい。さすがに本場のゲーム用マウスだなあと思った。

・ボタン
ロジ500系よりも、水平に取り付けられている。
(ロジはボディーのラインに沿って押し込む感じだが、「Copperhead」は机に向けて垂直にタップする感じ)
クリック感はあるが、ストロークは長め。
ストロークが長い代わりに、押しは非常に軽く、触っただけで反応する感じ。
サイドのボタンはクリック感も皆無、位置も悪く実用的ではない・・・

・使用感
「軽い」の一言に尽きる。
カーソルの移動も、クリックもすべてが軽い。
押そうと思った瞬間に、すぐクリックできる。
重量だって、ロジに比べてそれほど軽い訳ではないのに、マウスパッドの上では重さがないかのように軽い。
ボディ形状や、重量配分によるものと思うが、とにかく感動的な軽さ。
この軽快感はFPSではとてもいいと思う。
自分の反応速度が上がったのかと錯覚するくらい軽くて速い。

ただ、自分の手には合わなかった・・・
何とかして、使い続けたかったが挫折・・・
写真でもわかるとおり、ボディの後ろよりの方にボリュームがあります。
そこに手のひら乗せる訳ですから、当然ボタンまでの距離が遠くなります。
ボタンはね、なんとか届くんですよ。
でも、ホイールが遠かった・・・
指はかろうじてかかるけど、手応えが頼りない。
ちゃんと回すには、ちょっと手を前に移動させないと駄目で、それが致命的でした。

かなり気に入ってましたが、今は押入れの肥やしになっています・・・

G3 レーザーマウス

G3 レーザーマウス


Logicool(ロジクール) 「MX1000」 [マウス]

ボタンが怪しくなってきた「MX500」の代わりを探していた時に出た製品。
ちょうど、この頃リネージュ2で所謂2PC化した時と重なり、とにかくボタンの多いマウスが欲しかったので購入を検討。
(2PC=一人で2キャラ同時に操作すること)

購入にあたっては結構悩んだ。
理由は、コードレスの信頼性と、バッテリーによる重さ。
結局、ボディはとても気に入っていたが、この2点がネックになり使用するのを止めた・・・

・ボディ
500系よりも全長は短い感じがするが、その分甲高。
500系を前後に圧縮した感じで丸みが強い。
手が小さい自分にとっては、500系より猫背なMX1000とても持ちやすかった。

・ボタン
500系同様、ストロークが短くてカチッとしたクリック感のボタン。
すべてのボタンが、メカニカルなカチッとした感じで、かなり好印象。
ただ、ボタン数が多いので、ちょっと配置に無理があったかも・・・
使いにくいボタンも何個かあったが、そを差し引いても500系よりは多くてリネでは重宝した。

・使用感
ボディデザインは、500系よりも良かった気がする。
私の手にとても馴染んでいた。
ただ、やはりゲームに使うには重かった・・・
あと、うちに来た個体だけかもしれないが、時々カーソルが飛んだり動かなくなったりした。
なもんで、まだ存命中から後継機を探すことになる・・・

現在は、実家の両親の元で余生を送っている。

普通に使うにはとてもいいマウス。
なんと言っても、あのデザインが男心をくすぐる。


logitech(ロジテック) 「MX500」 [マウス]


一目惚れして、発売と同時に買ったマウス。
もう10年くらい経つのかな・・・

Gシリーズへと続く、ロジ500系の記念すべき初代モデル。
左右非対称デザイン
ボディと一体化したボタン部は梨地、親指と薬指が当たる部分はラバー地。
PC本体付属の、プラスチッキーなマウスとは一線を画す製品でした。
この頃ははだロゴも「Logitech」となっています。

・ボディ
全長長めで、甲高。
大振りで、手ですっぽり包み込むような感じ。
左右非対称なため各指の位置は自然に決まる。
自分は薬指の付け根がマウスの背中タッチする状態で使用。

・ボタン
ストロークは短く、クリック感がある。
ロジのマウスに共通するクリック感で、個人的にはとても好み。
親指の2つのボタンも、ホイールの前後についているボタンも押しやすい。
自分は手が小さいので、ホイールの先端についているボタンはちょっと押しにくかったが、慣れれば気にならない程度。

・使用感
特に不満は無い。
強いて言えば、カーソルを下に動かす動作がやりにくい。
なぜって、手が小さいのでマウスの背が手のひらに当たり、腕ごと引かないと駄目だったから・・・
FPSではあまり感じないが、マウス移動のMMOではちょっと気になった。
(例えば、リネで戦争中に攻撃を受けて、とりあえず急いでバックしたい場合)

現在でも、基本的なデザインは変わらないまま後継機が出ていることからも、デザイン的な完成度の高さがわかる。
使用していたときも特に不満はなく、減ったパッドを交換しながら、ボタンが怪しくなるまで使い倒した。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。