So-net無料ブログ作成
検索選択
オーディオ ブログトップ

PODSPEAKERS 「Micropod SE」 [オーディオ]

ボレロの代わりにやってきた彼。

嫁からは「目玉のおやじ」と呼ばれ、早くも我が家での居場所を確保した模様。

量感とか艶とかあんまり感じないが、解像度は高い。
期待してなかった分、素直な驚き。

間近で聞いた時の「箱庭的感覚」にはとてもびっくりした。
これは癖になりそうだ。
パソコン用とかにはとてもいい気がする。

デザイン含め、満足感はかなり高い。

ただ、間違っても大音量でオケとか聴かないように・・・

05220001001.jpg

スピーカー選び [オーディオ]

もー無理だろ・・・
次に引っ越すのは、恐らく2DK(東京家賃だと、それ以上はたぶん無理・・・)

はっきり言って、オーディはかなり手放した。
それも、広い家を買ってからのことだ。
アンプとプレーヤーがミニコンポになろうとも、スピーカーだけは死守した。
スピーカーの設置さえ抑えておけば、どんな機器もそれなりに鳴るからだ。

でも、子供が生まれる2DKの家に、スピーカスタンドは無理だろ・・・
スピーカーをスタンドから下ろし、ミニコンポ風に置いてみた。
100501_1117~01.jpg

賭けてもいいが、j1プロジェクトのラックにボレロをミニコンポ風に乗せてる奴はこの世にあたしだけ。
こんな置き方するなら、ボレロはいらないな・・・
音出してみたけど、ひどいもんだ・・・

と言うわけで、小さいスピーカーでいいや。
DALIロイヤルメヌエットⅡとかの定番も考えたが、なにかこうせっかくだから安くても変わったものが欲しい。
音はどうでもいい・・・試聴する気もない・・・
デザインだけは譲れないが・・・

と言うわけで、候補に上がったのは
PODSPEAKERSの Micropod SE
dock_2speakers_black2.jpg

アンソニーギャロのMICRO SATELLITE
micro_001.jpg

純粋に、見た目の好みで選んで、Micropod SEにした。
限定のピンクが可愛かったけど、オーソドックスに黒。

手持ちのものが、どんどんダウンサイジングされていく・・・

レビューするほど音が良ければ後ほど・・・

自分の考える理想の音楽再生機器 [オーディオ]

ONKYO「CR-D1LTD-SE」の項で、LINN DSについて
ゆきぼんさんから書き込みがあったので少し考えてみました。

CDプレーヤーが音的に良くないというのが、世の中一般的になってきたようです。
究極はどうか別にして、対費用効果ではもうCDプレーヤーは
メモリやHDDに格納されたデータに勝てないでしょう。

さて、現在選べる物の形態としてどんな物があるでしょうか。
・HDDコンポ
携帯プレーヤー+DAC+アンプ
・PCオーディオ
・LINN DS

HDDは生理的に受け付けません・・・
HDDは消耗品・・・
RAIDのNASでも、なんか感覚的に避けたい感じ・・・

携帯プレーヤーは、携帯しないので買いたくありません。
外出先で音楽を聴く習慣はありません・・・

音楽を聴くためにPCを立ち上げるのは本末転倒・・・
音楽を聴く装置だけで完結して欲しい・・・

LINN DSはHDDってのを除けば、一番理想に近いか???
もっと安くなって、普通の携帯がインターフェースになれば買っちゃうかも?

さて、ここまででは書きませんでしたが、ひとつこだわりたいことがあります。
それは、CDのパッケージです。
棚から一枚選んで、それを再生装置にセットする。
そのプロセスを省きたくないのです。

一時期、手持ちのCDをすべてPCに入れてライブラリ化したことがありましたが、
なんか物足りない気がして、結局自分には根付きませんでした。

その時聴きたい一枚をじっくりと選んでセットする。
これって結構重要ですよね???

聴きたい物を選ぶのはライブラリ化されてても一緒じゃん。
と、思う方もいるでしょう・・・
でも、結局は好きなアーティストの曲をノンストップでメドレー的にかける事が多くなっちゃいました。
アルバムのテーマとか、その時の自分の気持ちとか無視です・・・
あんまり、真面目に聞かなくなったし・・・
そんな反省を踏まえ、プロセスって大事だなと・・・

と言う訳で、形態としては普通のCDプレーヤーでいいのです。
ただ、内部で一回メモリに格納し、そこから再生してくれれば・・・
別にキャッシュするだけでいいからそんな容量はいりませんし、
ライブラリ化する訳でもないので、インターフェースも必要ありません。

こういうのが欲しいんですよ・・・
どこかのメーカーさん作ってくれないかな・・・

吉田苑 「CR-D1LTD-SE」 D-clock搭載モデル [オーディオ]

P4301611a.jpg

妻からの無言のプレッシャーに屈しました・・・
フルサイズコンポは、もっと広い家を建てたときに再チャレンジします・・・

さて、いわゆるCDレシーバーに変更しようと考えました。
候補は
ONKYO 「CR-D1LTD-SE」
LINN 「CLASSIK MUSIC
Aura 「Note」

な訳ですが、調べて見ると他にも色々ありました。
ARCAM、DENON、Audio Analog、TEAC、KENWOOD、CARAT・・・
あとは名機SHARP「SD-SG40」

まあ、実際聞きに言ったのはLINNだけですが・・・
LINNの「CLASSIK MUSIC」は初代を秋葉原で、現行は銀座で聞いたことがあります。
現行の音に不満はありませんが、結局値段がネックです・・・

結局は以前から興味があった、吉田苑の 「CR-D1LTD-SE」 をヤフオクで落札。
これは、マスタークロックを換装してあるモデルで、一番聞いて見たかったモデルです。
運良く、ちょうど出品されて落札することが出来ました。
詳細はこちら
http://yoshidaen.jp/shopdetail/010000000004/price/
これのマスタークロック換装バージョンです。

ちなみに現在のシステム
アンプ:YBA IntegreDT
CDプレーヤー:YBA CD3α
スピーカー:ACUSTIK LAB BOLERO
ラック:J1Project プライマリーラック

CDPとAMPで140万くらい。
それを5万で買ったCDレシーバーと置き換えるという壮大な実験!
5万のレシーバーが30万のラックに乗り、30万のスピーカーを鳴らす、なんともちぐはぐな組み合わせ。

得た物
・素晴らしい解像度と定位
・見渡しのサウンドステージ
・圧倒的な透明感
・超快適なリモコン操作

失った物
・ボーカルの艶と陰・・・

値段を考えれば、CR-D1LTD-SEの圧勝でしょう。
特に定位感が素晴らしく、これがステレオだよなあと思わせます。
使い古された表現ですが、ベールが2枚ほど剥がれた感じ。
今までは聞こえなかった音まで聞こえます。
非常に見通しのいい空間が目の前に展開されます。
いわゆるハイエンドっぽい音がします。

得た物は多いが、失った物は大きい・・・
今までのYBAで再生されていた声は、かなり濃かった模様。
ボーカルの暗さというか陰影の表現が2枚くらい上手。
イコール、篠原美也子に向いていたのはYBAという事になりますが・・・
こういうのを一芸に秀でた音というのですな・・・

まあ、もうシステムは入れ替えてしまったので、今度フルサイズを揃えるときにはボーカル重視で
YBAの音を思い出しながら選ぼうと思います。

というか、「CR-D1LTD-SE」で中域がもう少し厚くなるように悩めばいいんかな。

やぱりデジタル機器は新しい方がコストパフォーマンスいいんですな・・・
筐体も安っぽい感じは全然しないし、リモコン付いて超便利に・・・
お部屋もかなり広くなったし・・・

なんだか複雑な気持ちです・・・

石匠運慶 「御影石ボード」 [オーディオ]

和室に引っ越して、はや3ヶ月。
徐々に片付いて、音楽を聴く余裕も出てきました。

一番懸案なのが畳。
なんか敷くしかないのですが、オーディオ用のボードは高い・・・
他の方のブログで紹介されていた、ところにオーダーしてみました。

お願いしたのはここ「石匠運慶」
http://www.un-kei.com/

先週届いたんですが、思っていたよりもずっときれいです。
鏡面仕上げですねぇ・・・覗き込んだ自分の顔が映ります。
お店のエンブレムが付いてきたので、せっかくだから貼ってみました。
意外とカッコいい。

聴いてみた感じは、大分音が立ってきた感じです。
低音も少し締まりました。

でも、スピーカーが高くなったなあ・・・
中腰で聞くのは疲れるぞ・・・


オーディオを少しまじめにやりましょう・・・「ボレロを鳴らせ」 [オーディオ]

実は昨年末にスピーカーを購入しました。
Acoustik Labの「Borero」です。
現行機ではないので中古です。

どうも、ピンとこないんですね・・・
噂に聞くボレロはこんなもんかと・・・
ずっと使っていた、モニターオーディオのS1の方がいい感じがします・・・
(価格差4倍・・・ちなみにS1は出品する予定・・・)
ボレロは視聴したこと無かったんですが、現行機のステラシリーズは
メロディーとオパスを聴いたことがあり、大変好印象だったのです。
ボレロも大変評価の高いスピーカーで、とても期待していました・・・

っていうか、さて、まあ、アレですよ
「スピーカーへの文句は『畳』にスタンド地下置きをやめてから言えよ」
って感じですね、はい・・・

昨日の篠原美也子のライブで涙した曲を、さっきCDで聴いてみましたが、
涙どころかため息しか出ません・・・
ちなみに、外歩きながら鼻歌歌ったときは涙出そうになりました・・・
あたしの鼻歌に負けてどうする・・・
まあ、録音自体も良くなさそうですが・・・

そんな訳で、分不相応なオーディオ機器達に、活躍の場を与えなければいけません。
先ほど、御影石注文しました。
これでスパイクも使えるし、床も鳴らなくなるでしょう・・・

えっ、なんで石かって?
安いからですよ・・・
市販のオーディオボードとか高すぎ・・・
あたしには違い分からないと思うし・・・

350mm×300mm×30mmで一枚10kgらしい。
恐らく、効果は絶大なはずだけど、石とスパイクで50mm以上上がる・・・
こちとら、床に座ってるわけで・・・
今でも高いわけで・・・
これは、どうにもならんな・・・
れっつ試行錯誤ですねぇ・・・

まあ、お金かけないで頑張りましょう。


自分が一番凄いと思った音。 [オーディオ]

オーディオというカテゴリーを作ったけど、記事を書くのは初めてですね・・・

最近はオーディをショップには行かなくなりましたが、ハマっていたころはよく行っていました。
そんなに「音」に対してこだわりがある訳ではありません。
特に音色とか、量感とかはあまり気にしませんね・・・

値段の高い機器の音を聴けばそれなりにいいなあとは思いますが、
絶対欲しいとか、家でもあの音を再現したいとかは思わないですね・・・

そんな自分ですが、一度だけ「なんなんだこの音は!?」と思ったことがあります。
そのとき使っていたCreekのアンプが調子悪くなり、次のアンプ候補を探していた時のことです。

秋葉原の某オーディオショップ。
AyreのプリメインAX-7e
B&W signature805
CDPはAyreだったかな・・・

聴いた瞬間に、耳というか自分の脳を疑いました。
スピーカーから出た音が、無音で自分の方に向かってきます。
んで、目と鼻の先で突然「音」になるんです。
目の前で、音が次々に具現化していきます。
目と鼻の先の空間で、音が「ぽっと」生まれたような・・・

そんな高価なシステムじゃないだけに、アレはびっくりしましたねえ。
「スピーカーが消える」のは、結構体験できますが、音が目の前で生まれるのは初めてでした。
そのときは、Ayreのアンプって凄いんだなあと思いましたが、
今にして思えば、805だったからそう聞こえたのかなとも思います。

自分の環境で、同じ機材にしたからと言って、あの音が再現できるとは思えませんが・・・
比較的現実的な価格なので、試してみたくなるところがまた怖いです・・・

いつかはあの音を再現したいですね。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
オーディオ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。