So-net無料ブログ作成
検索選択

Fizik 「Kurve Bull」(フィジーク クーヴァ) [自転車]

構造等はメーカーHPで。

こんな高いサドルを買う予定ではなかったのですが、試乗して一目惚れ。

・購入経緯
通勤用に購入したKHS F-20RCの為についていたフライトが合わないため。

・サドル遍歴
フライト→×
フライトゲル→×
フィジーク アリアンテ→○
SMP Forma→×
アリオネ→×

というわけで、現在はアリアンテ使用。
アリアンテ以外のサドルは、坐骨がサドルに刺さって痛い。

・アリアンテの不満
・柔らかすぎる
・長時間乗ると座面全体に圧迫感がある(まあ、柔らかいからしょうがないけど・・・)

今回は、アリアンテの不安を解消すべく、サドル探しへ。
事前脳内検討の結果、座面がカーブしている幅広モデルがよさそうな気がしていたので、本命はスペシャのローミン。

最初に行ったのは、上野ODBOX。
サドルコーナーで物色していると、なんとスペシャは置いていない模様・・・
そうこうしてると、店員さんがやって来て、あたしのヒアリング開始。
アリアンテに近い乗り味のサドルを何個かチョイスしてくれるが、スペシャがない時点でテンション下がり気味・・・

どうしようか迷っていると、店員さんが
「試乗してみます????」
とのこと。
よく見ると傍らにローラー台に乗ったリドレーのエクスカリバーが・・・
まさか、ローラー台が初めてとも言えず、こりゃいい機会とばかりにいろいろ試乗。

プロロゴのスクラッチなんかは結構感触が良かったのだが、最後に比較の為アリアンテつけてもらったら、お尻がアリアンテの方がいいと言った・・・
でも、アリアンテじゃあつまんないのですよ・・・
ベターではあるけどベストではないみたいな・・・

結局アリアンテかあ、なんて落胆していると店員さんが
「これも試してみます?」
と指差したのがKurve
正直、コンセプトは面白いと思っていたものの、若干色モノ感が漂っており、値段の高さも相まって購入対象には入っていなかった品。

座ってみて一発で購入を決意。
この日座ったどのサドルよりしっくりくる。
クッション性だけならアリアンテの方が上だが、クーヴァの方が乗り味はレーシー。
それでいて、坐骨刺さる感はほとんどない。
よく見ると、サドルのベース部部は坐骨が当たる辺りがくり抜かれており、坐骨はハンモック部分に乗る形。
実際に通勤に使用して2週間くらいになるが、クッションはアリアンテより薄いのに、乗り心地が良くバネ感がある。
これなら、長距離を走ってもアリアンテのような、ズブズブ感(テンピュールのマットレスのような感じ?)はないと思われる。

アリアンテにあたしと同じような不満がある方お勧めです。

ヒラメのポンプヘッド [自転車]

高崎にいたときに、近所の自転車屋さんで買いました。

正直なところ、ポンプヘッドに4千円は出せないというのが普通の感覚。
ただの口金だしな・・・

ただ、使ってみれば、恐らくほとんどの人が「いい買い物をした」と思う逸品。
やっぱり、こういうところはメイドインジャパンなんだなあと思う。

高崎から引っ越すときに、お世話になった自転車乗りの先生に自分が使っていた物をあげてきた。
東京に来てしばらく忙しかったので、自転車に乗る気も起きなかったが、
最近少しだけ余裕が出てきたのでAmazonでポチッとしてみた。

高いからと言う理由で躊躇している人がいたら、是非購入して頂きたい品です。
ずしりと重い金属の重量感と、操作して分かる緻密な感じ。

いやー、自転車乗る人って機材も好きだからこういうのたまらないと思うんだよねぇ。
空気入れが楽しくなりますよ。





チューブラーの洗礼。 [自転車]

一ヶ月ほど前、嫁の職場の人と近所を走りに行った。

群馬の森を抜け、玉村のゴルフ場のあたりで休憩。
初めて会う人がほとんどなので、休憩を挟みつつゆっくり計画。

まあ、ひとしきり話も終わり、さて行こうかと踏み出すと・・・
なんとパンク。
スペアなんて持っていないし、当然チューブラーはあたしだけ・・・

ZIPPに最初からついてきたコンチのタイヤは、明らかにすり減っていたけど、見ないふりしてた。
よりによって、人と走ってるときにパンクとは・・・

迷惑かけるわけにはいかないので、
「嫁呼んで、車に乗せて帰ります」
って、言って、皆さんとお別れする。

だが、実はこの時嫁は伊勢崎の朝市に行っていて不在。
歩いて帰れる距離でもないので、やむを得ずゆっくり走る。

構造考えれば分かることだが、パンクしたままでも結構快適に走れる。
タイヤが接着されていてよれない。
ある程度の厚みもある。
これはすばらしい!

っていうか、クリンチャーも残しておけば良かったな・・・

SELLE SMP FORMA [自転車]

その日は仕事でとても疲れていた。
(というか、最近ずっと疲れてるが・・・)

週末に嫁の職場の人と走りに行く予定があったので、スペアタイヤを買おうとウエパのサイトにいた。
なんか、ぼけーっとしてたんだな、疲れで。
ふと、サドルでも見ようかと思って、SELLE SMPをクリック
そのまま、買い物かごに入れてしまい、ほぼ何も考えずにそのまま会計・・・

数日後、代引きですごい金額の荷物が着くが、思いっきり後悔・・・
しばらくは買い物出来ないなこりゃ・・・

ずっと興味はあった。
ここ1年くらいオークション見てたが、中古でも高いんだな、このサドル・・・
と言うわけでずっと買えずに悶々していた訳だが・・・
買うのを躊躇するのは、そのセッティングの難しさ。
合えば神、合わなければ拷問椅子という評価。

2万オーバーのサドルでそんな賭は出来ないわな・・・
アリオネ買った方がアンパイだ。

まあ、買ってしまった物はしょうがない。
っていうか、なんかモデルまで間違った。
FORMAってパッド無しのモデルじゃん・・・
むー・・・

まあ、悔やんでもしょうがないので、今日の碓氷峠行きに使ってみた。
行ったことのない峠道で、セッティングの難しさに定評があるサドル。
一応、水準器でマニュアル通りにセットした。
なんとかなるさと、甘い気持ちでスタート。

座骨の当たりがすごい。
10kmも行かないうちに無理感が漂い始める。

ネットで検索すると、角度や前後よりも、サドルを下げるのが意外と効くと言うのを読んだので、
徐々に下げ始めるがいいポイントが見つからない。
もともと下げ目にセットしていたので、10mmも下げたら足が回らなくなった。

サドルを5mm下げまで戻し、角度をいじるが、前上がりも前下がりも、そんなに変化を感じない。
確かに感じは変わるが、どっちも痛い。

というか、骨盤を起こすと座骨が当たるの避けられない気がする。
さんざん試行錯誤して、結局は推奨セットより10mm後退させて、サドル高は元に戻し、座面は水平で落ち着いた。
時はすでに碓氷を下って高崎に着こうかという地点・・・
まあ、これもまだ痛いが・・・

どちらかというと、骨盤は寝かせて乗るタイプの人用かもしれない。
というか、そう乗らないと座骨が痛すぎる。
アームストロングはコンコールライトで、背中反ってるよな。
新城君も、サドルは不明だが背中反ってる。
あーゆーフォームで乗る人用か???

背中丸めて骨盤起こす乗り方だと、うまく乗れんのか???
別に、骨盤寝かせてもいいんだが、どっちがいいんだ???

80km走って帰宅したが、普通の椅子に座っても座骨が痛い・・・
当分直らなそうな痛みだ・・・

ただ、このサドル。
細身のせいか、はたまた形状のせいか、固さのせいか、足は恐ろしく良く回る。
なにか、踏まないといけないような強迫観念的な回り方・・・

もう少し調整してみて、駄目なら手放そう・・・

群馬ラストラン「碓氷峠」 [自転車]

来週は引っ越し準備で忙しいだろうから、たぶん群馬自転車に乗れるのは今日が最後。

前から行きたいと思っていた碓氷峠を選んだ。

高崎からだと、往復でちょうど80kmくらい。

安中駅周辺がちょっとわかりにくかったが、無事に旧道との分岐に到着。
(以前、同じ場所で迷って、安中榛名の駅の方に行ってしまった・・・)
100829_1151~01.jpg

途中で妙義山が見えるスポットもあり、
100829_1110~01.jpg

ずんずん行くと「これより碓氷峠」の看板。
確か13kmの表示だったと記憶。
いつも距離とか気にしてないので、13kmの登りってどんなもんだかよくわからん。
榛名行く峠くらいか?

2kmほど上るとめがね橋。
100829_1216~01.jpg

これが見たかったんだよ~
群馬はこういった明治の建築物が非常に多い。
近代化を目指していた日本の気概が伝わってきて元気が出る。

ここから10kmくらい登るが、以外と勾配はきつくない。
途中、ほぼ平坦な部分も何ヶ所かあり、ちょっとオーバーワークになってもリカバリーがし易い。
峠と言っても、いろはのようにつづら折りではなく、尾根づたいに進んでいるような印象。

何人かのサイクリストとすれ違ったが、みんな声を出して挨拶してくれる。
当然、あたしもそれに応じるが、思いの外気持ちいい。
そして、道が広く景色も良く走りやすい。

残り6kmの看板を見て、少しペースを上げるが、ちょと早かったみたいで、途中で足が止まる。
だましだまし登り、無事山頂へ。
100829_1304~01.jpg

もう、群馬で思い残すことはないな。
っていうか、なんもないのねここ・・・
さらに数百m進めば軽井沢だが、ちょっと寂しい・・・

下りは途中で車に引っかかってのんびり下山。
下から登ってくる人が見えたので、例によって挨拶。
(っていうか、この人さっき下ってた人じゃん・・・2本目かよ・・・)
勾配が緩いとはいえ、2本登る気はしないな・・・

峠を含む80kmってのは、あたしにしては結構走った方だ。

峠もあり、川もある群馬は自転車には最高の場所。
一時東京に引っ越すけど、いつか戻ってくるからな。

ANCHOR RNC7 写真集 [自転車]

タイトルの通り。
RNC7で検索して来られる方が多いようなので、お役に立てば的意味合いです。
3年かけてこんなん出来ました的な意味合いもありますが・・・

mini_P3201954.jpg
サドルはだいぶ下がり、ハンドルは送り気味、コラムスペーサーは全部下へ・・・
10年モデルからフォークがクロモリになりましたが、自分のはカーボン製です。
このほうが、カーボン系のパーツとはよく合います。

mini_P3201951.jpg
ネームを入れるところには、こんなん入れてもらいました。日本製品を見直そう!

mini_P3201944.jpgmini_P3201948.jpg
一番特徴的なヘッド周り。チューブがラグ化して、なんとも言えない曲線になっています。

mini_P3201945.jpgmini_P3201950.jpg
シートステー周辺もヘッドと同じく、ラッパチュービングになっています。

mini_P3201946.jpg
それに比べると、BB周りはおとなしい印象です。

mini_P3201947.jpg
チューブのラッパぶりがよくわかります。

最近、サイズが小さいんじゃないかと思い始めているので、次はオーダーフレームも興味があります。

クロモリに羽が生えた日(CORIMA Winium & ZIPP303) [自転車]

当初、シャマルを買う予定で、ここ数カ月オークションを物色していた。
でも、シャマルを新品で買える値段だと、カーボンチューブラーの中古も選択肢に入ってくる。

同じ値段で、300g~400g違うと、チューブラーの面倒臭さを考慮しても、十分魅力的。
チューブレスに興味があったけど、脱着はチューブラーよりも面倒臭そうだし・・・

そんな気分の時に、CORIMA Winium(前輪) & ZIPP303(後輪)という面白いペアが出品されていた。
結構粘られたが、なんとか目標のアンダー10万で落札。

スプロケ外し工具と、ブレーキシューが思いのほか高かったが、それでもシャマル新品よりも安い。

さて、感想。

自分のレベル&使い方では、とにかく軽いとしか言いようがない。
電動アシストされているような感覚に陥ることもしばしば。
試しに、昨日松井田から草津街道に抜ける「地蔵峠」に行ってみたが、(そんな傾斜がきつくなかったけど、一応高崎市との標高差は600m、峠自体は300mくらいか?)拍子抜けするくらい普通に登れた。

タイヤはContinentalのSPRINTERがついていたが、しなやかさと粘りがクリンチャーとは比較にならない。
というか、同じ土俵で評価するものではないなという感じ。

CORIMA Winiumはローハイトなので、からっ風の吹き荒れる川沿いのサイクリングロードでも不安がない。

これは、本当にいい買い物をした。

問題は、激坂で止まりそうになったときに、ZIPPのホイールだと恥ずかしい事くらいか・・・

セッティング忘備録・・・ [自転車]

ハンドルが遠いと感じたら、ステムを短くするよりも、サドルを下げる方が効く。
お尻が前にずれて座り直すことが多いのは、ハンドルの落差が大きいから
落差を小さくするには、現状サドルを下げるしかない
コラムスペーサーの数から行くと、現在のフレームは若干小さい
サドルを上げすぎると引き足がうまく使いにくい
右足の遊びは、サドルを下げると若干改善される。ママチャリでは感じない。

fi'zi:k Aliante 「フィジーク アリアンテ」④ 「君は悪くなかった」 [自転車]

前回の尿道痛み事件から、初乗車。

とりあえず、やっぱ違和感感じる。

骨盤が起きてないからかと思い、無理やり起こそうと、サドルを気持ち前上がりに。
圧迫感は変わらないが、副産物的にハンドルへの荷重が減った。
腕が楽だ。体は少し起きたらしい。今まで前下がりだったんか・・・?
よく、ライディングフォーム等で言われる「ハンドルに手を添える感じ」っていうのがこれか。

次に、ハンドルを上げて体を起こしてみる。
スペーサーで10mm上げた。
サドルの座り心地が、劇的に楽になった。

どうも、あたしにとってはハンドルとサドルの落差が大きすぎていたらしい。
サドルは悪くなかったんだな・・・

サドルみたいなもんの、使用感書くのってすげー難しいな・・・

シューズカバーが手に入らないときは・・・ [自転車]

1月に入り急に寒くなったので、パールシューズカバーを通販しようと思いました。
ところが、どこのサイトもメーカー欠品。
リアル店舗探して歩くのも面倒くさい・・・

そこで本日、ソックスサランラップ巻いてお出かけ。
正直、これで十分・・・

お勧めです・・・
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。