So-net無料ブログ作成
検索選択
小柄な女性のロードバイク選び ブログトップ

700c完成車のスケルトンを考える。 [小柄な女性のロードバイク選び]

700cを毛嫌いしていたので、完成車はあんまり調べたことがなかった。

というわけで、ちょっとHPを覗いてみた。

まず、スペシャとジャイアント、トレック。

最近の女性モデルは、あんまりカッコ悪くないのね~
特にジャイアントのカーボンのやつなんて、思わずくらっとするほどカッコイイ。
トレックもあんまりバランス悪く見えず、カラーリングなんかも「女性モデル!」という感じではなく、素直にカッコイイ。

ありがちなのは、カタログ写真は、最小サイズじゃないのでカッコイイと思って注文したら、実際にやってきたのはバランスいまいちな自転車っていうパターン。
でも、トレックなんかは、最小サイズが載ってたし、普通ににカッコイイ。

これ、乗れるんならこっちがいいんじゃね・・・?
というのが正直な感想・・・

でも、700cでトップが500mm以下のフレームがカッコよく見えるのはなんか仕掛けがあるはず。
そう思って見てみると、2つ思い当たる節が。

一つ目は、サドルが全開に高いこと。
これで、後輪とサドルとのクリアランスが確保され、小さい感が薄まっている。
脳内補正でサドルを下げると、ちょっといまいち感が漂ってきた。

2つ目はヘッドチューブが長いこと。
これも、押しつぶされたような感じを薄くするのに一役買っているような気がする。

なもんで、フレームサイズ自体は小さいが、出るとこが出てるのでカッコよく見える?
的な写真になっていると思われる。

そこで考えた。
サドルの高さなんて、股下寸法で決まるので、150cm位の嫁が乗る場合、そんなに高くなるわけないのだ。
スローピングフレームならピラーは出るが、サドルの高さ自体は変わらない。
なのにヘッドチューブが長いと、自動的にアップライトな姿勢にならないか?
嫁のフレーム選びにおいて、サドルの位置を決めたらどう頑張っても、ハンドルがサドルより高いという事態に陥ることが想像できる。

実際跨ってみないとなんともだが、TokyoBike号に乗っている姿を見た感じでは、そうなりそうな気がする。

それでは国産はどうかと思い、アンカーとテスタッチを見てみる。
女性モデルは海外勢に比べて、明らかにヘッドチューブが短い。
やはり、小柄な人にとってハンドルの下げ余地というのは重要なようだ。

スケルトンを確認すると、ヘッドチューブ長で言えば、海外メーカーの最小サイズが国内メーカーの最大サイズというイメージだ。
650cに限らず、小柄な女性のオーダーフレームの写真を検索すると、やはりヘッドチューブは結構短い。
それでも、サドルとハンドルの落差が0位な感じなので(まあ、用途にもよるが・・・)海外メーカー製は避けた方がいいだろう。

まあ、嫁がアップライトなポジションを「乗りにくい」と思えるほど乗り込むかは別な話だが、そうなった時に対応できるフレームにしておくことはいい事だろう。

それにしても、本当に650c完成車ってなくなったんだな・・・

【小柄な女性のロードバイク選び】650Cがいいんじゃないかと思う理由 [小柄な女性のロードバイク選び]

第2子が生まれた。

それ自体はとてもめでたい
長男の時とは違い、お産も軽く(長男は壮絶だった・・・)産後の経過もいい。
どこに行っても
「お母さんにそっくりねー」
と言われる長男に対し、まだ生後数週間とはいえ、あたしに似ている(気がする)

ただ、第2子の妊娠がわかった時に、妻が自転車に乗れなくなることを嘆いていたのがずっと頭の中に残っていた。

あー、まず嫁の身長から書かねば
150cmで、特に手足が長かったり、ほっそりしているわけではなく、ごく普通の小柄な女性。
愛車はは、うちらが出会うきっかけになったTokyoBike号にのSサイズ。

650Cで、街乗りの印象は非常にいい。
問題は、本人がきちんと乗れているか。
恐らく、購入店では、最小サイズということと、トップチューブをまたげることが「乗れる」と判断されたと思われる。
本人は、ポジションとかあんまり気にしないので、アレなのだが・・・あたしが見た感じだと、結構トップが長め。

手持ちの60mmのステムをつけて、サドルをフィジークのちょっと大きめのものに変えて思いっきり前に出しているが、あたしが横から見ると、もう少しトップが短くてもいいような気がする。

そう思って、今測ってみたらトップ520mm位ある。
身長150cmだとトップ500を切るくらいがいいと言われているようなので、やはり少し大きい。
ヘッドチューブももう少し短くできそうだし、そうすればシートポストがもう少し出るだろう。

実は、長男が生まれた時も嫁にロードをと思っていろいろ考えていた(2010~2011モデルあたり)
このときは、まだメーカー完成車に650Cモデルが残っていた。
FELTやチネリ、サーベロ、オルベア、トレック、んでブリジストン。
結局、この時は第2子の妊娠が分かったために、一旦見送りにした。

んで、時は流れて2012。
嫁ロードバイク購入計画再スタート相成ったわけだが(嫁には内緒)
2012はきれいさっぱり650Cモデルが消えた。
キシリもカタログ落ちしたようだ、ホイールもハイスペックな完組みはない。
一年で、状況が一変してしまった・・・

2012の状況としては、どのメーカーも女性用最小サイズが700Cとなり、フレーム売りだとテスタッチトレミニヨンが唯一の650C。

そこで悩む
「うちの嫁は700cに快適に乗ることができるのか?」
本人は経験が浅いので、BSあたりの最小サイズを試乗してしまえば
「大丈夫」と言うだろう。

近所のお店行って女性の店員さん(ちょうどよかった)に聞いてみた。
「150cmくらいで700cってどうですか?」
まあ、わかってはいたんだが、大丈夫と言われた。
というか、650cでは売るものがないのだ・・・
お勧めはマドン。

昔からお世話になっている地元の自転車屋さんに聞いてみた。
器材の面では700cが使えた方が有利。乗れるなら700cがいい。
とのお答え。

ネットでいろいろ調べる
700cに乗れている人は大丈夫と書く
650cに乗っている人は、これが唯一無二と書く
ショップは(当然)700cでも大丈夫と書く
ただ、ビルダーさんは650cを勧めることが多いようだ。

普通の女の子は650cなんて選択肢に入らないだろう(テスタッチかオーダーしかないのだし、多くのショップは700cで大丈夫と言うし)
なんで、あたしが650cにこだわるかというと、理由は一つ。
「小さいサイズの700cはカッコ悪い。」
これに尽きます。

700cに乗っている小柄な女性の方すいません・・・
あくまでも、あたしの感覚です。
巨大なタイヤの間につつましく存在するフレーム。
車輪の接線かと思うほど低いトップチューブ。
どうひいき目に見ても、無理感が漂っているように見える・・・

それと、自分は街乗り仕様のMTBに長年乗ってきたのですが、ロードに乗り換えた時はタイヤでかくて違和感がありました(実は今でもすこしある・・・)

あたし(175cm)がそう感じるのだから、嫁が650cから乗り替えたらやっぱ違和感があると思うのですよ。
それは「慣れる」かもしれませんが、「慣れた」だけなのかもしれません。
感覚的なことなので、本人しかわからないのですが、肝心の本人はあまりこだわりがありません。
あたしが、嫁の感覚をくみ取って、自分の好みを混ぜつつ、1台用意するしかないのです。

というわけで、650Cがいいと思うのですが、そこでまた悩むわけです。
「自分の好みで嫁をマイノリティーにしていいのか???」

例えば、650cと700cを試乗して
「650Cの方が断然乗りやすい!」
となれば、
「しょうがないなあ、650Cにしようか」
なーんてなって楽なのですが・・・

正直、乗ってしまえばさほど困ることはないのでは?と思うのですが、自分の好みで嫁を少数派へ誘導するのは気がひけます。

とりあえず今度は、近場のビルダーさんでも訪ねて行って、相談しようかと思います・・・
実際に手に入れようと思ってもテスタッチか、フルオーダーかしかないのですし・・・
小柄な女性のロードバイク選び ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。