So-net無料ブログ作成
検索選択
ムルティプラ ブログトップ
前の10件 | -

現在のフォーメーションと言うか座席表。 [ムルティプラ]

夏休みに、実家仙台帰省しました。
今回は、仙台のじじばばと一緒に出かける予定があったので、ムル子で帰省。
子供達は文字通り、生まれて初めての長距離ドライブです。

これまでの経験から少しフォーメーションを変えました。

今までは↓

息子 空 僕
娘   妻 空

・利点
フロントセンターをテーブルとして使うことにより、妻の作業スペースが確保できる。
フロントセンターをテーブルにしている為、そのスペースを使い後ろから息子をのぞき込むことが可能。
僕もルームミラーで娘の様子が確認できる。
妻も子供へアクセスしやすく、荷物を広げるスペースもあり、そんなに不便は感じてませんでしたが・・・
・不満
前三座の意味があまりない・・・

と言うわけで、ちょいと変更してみました↓

空き 息子  僕
妻   空き  娘

この配置で助手席を思いっきりリクライニングさせます。
そうすると、そこからウォークスルーが可能で、娘が寝ている場合等は、前に移動してきて川の字ドライブが可能。
僕は息子がすぐ隣に来るので、ぐずった時も運転に支障がない範囲で対応可能です。
テーブルが無くなった分は、リアセンターが空いてるのでそれで何とかしてもらう。

有事の際に(息子ぐずる、飲み物こぼす等)妻が前に来れるのは心強いですね。

しばらくは、この配置でいってみよう。

キャリアつけました(家族と自転車は一緒に運べない・・・) [ムルティプラ]

パンダから乗り換えるにあたって、自転車を車内に積めるというのが条件の一つでした。
むる子は積めます。
リヤシート1個外しで2台積めました。

しかし、家族で移動する場合、現在のフォーメーションではちょっと自転車乗せるのがきついのです。
現在は、
私→運転席
息子→助手席
娘→リア右端
嫁→リアセンター
んで、フロントセンターはテーブルとして使用
リアセンターに座る嫁が、隣の娘と前の息子を見ます。

空いてるリア左を外して自転車を置くと、自転車とチャイルドシートに挟まれたリアセンターには嫁が乗り込めなくなります。
リヤセンターにチャイルドシートをつけようかと思いましたが、シートベルトが短くてチャイルドシートを回りません・・・

結局リアシートが外すか跳ね上げるかしないと自転車乗せるのは厳しいので、必然的に屋根の上へ・・・

THULEの窓枠に引っ掛けるタイプのキャリアベースをつけました。
パンダから使いまわせたのは、自転車用のアタッチメントだけだったなあ・・・
フットもバーも流用できず、もったいない・・・

まあ、つけるのは簡単なんですが、これ風切り音がすごい。
110km辺りから急にうるさくなります。
自転車アタッチメントつけてない状態でこうなので、付けたらもっとうるさいんか・・・

バッテリーが上がりました。 [ムルティプラ]

おととい、嫁の実家へ遊びに行こうとして2週間ぶりにむる子始動。
と思ったら、ほとんどセル回りません・・・

こういうのが一番嫌なのです・・・
家族とのお出かけ前のトラブルが・・・
パンダ乗ってた時は独身だったので、何があっても自分が困るだけだったのですが・・・
結婚してからは、家族みんなに迷惑がかかります。
仕事辞めたら維持していけないんじゃないかという不安が頭をよぎりますが、それはまた別の話。

さて、バッテリー上がりですが、とりあえずボンネットを開けて覗きこむと、バッテリーのプラス端子に盛り塩したかのようなバッテリー液の乾燥カス・・・
よくわからんが、バッテリー液が漏れてたことは間違いないようだ。

そもそも、車検の時に気がつかないのか・・・?
端子部の緑青の具合から見て、結構以前からっぽいのだが・・・
まあ、普段自分がボンネット開けてれば気がつくわけで、そこは素直に反省です・・・
ノーメンテで頑張れる車じゃないもんな・・・

保険についてるロードサービス呼んで、見てもらったけどそこまでひどくはないみたい。
一応、嫁の実家熊谷までそのまま走る。エスンストしないように最大限の注意を払いながら・・・

嫁をと子供たちを家に降ろし、一路オートバックスへ。
バッテリーを見ても型式らしいものが書いてないので、お店の人に聞いてみる。
今まで知らなかったのだが、輸入車って規格が違うのね・・・
そして、店員さんが教えてくれたバッテリーは、「欧州車専用」という仰々しい箱に入っていて、値段も負けずに仰々しい・・・
バッテリーなぞ数千円で買えると思っていたのが、いきなり23000円とか一体どーなってるんだ・・・

「やっぱりいいです」
という言葉が思わずこぼれそうになったが、むる子の名誉を守るため、ここはきっちり交換してに妻の信頼を取り戻さねば。
ついでに、近所のホームセンターでは売ってなかったH7のバルブも買って、この日は終わり。

翌日、朝食後すぐにバッテリー交換開始。
マイナス端子はすぐに外れたが、プラスが外れない・・・
マイナスが10mmのナットだったので、プラスも10mmかと思ったんだが・・・
盛り塩が発生した時になんか化学変化がおこって痩せてしまったのか、もとからなめ気味だったのか・・・
10mmはスカスカだし9mmは入らないし・・・

モンキーとかペンチ使って無理繰り外しましたけど、端子も緑青が酷いし、ナットは山がなくなっちゃったので近いうちに替えないと、次バッテリー替える時また苦労するなあ・・・

というわけで、なんとか交換も無事に終わり、しばらくエンジンかけといたら絶好調。
4年後の車検までもって欲しいなあ・・・

スタンドで話しかけられた! [ムルティプラ]

スタンドで、店員さんから
「初めて見ました、なんていう車ですか?」
って言われた!

ここぞとばかりに色々説明してご満悦な私でした。

思わず手洗い洗車頼んじゃったよ。

車検に落ちたらしい。 [ムルティプラ]

さんざん悩んで、購入店に車検をお願いした。

バックするときにブレーキを引きずってるような音がするのと、クラッチ切った時にクリスの切れたベアリングが回転するような音が出ていたからだ。

そしたら、お店から電話が入って「サイドブレーキの効きが悪くて車検に落ちました」という連絡。
全く構造が分からないのですが、どうもサイドブレーキをかける部分が固着しているらしい。
バックの時の音もそれが原因なんだろう。

オーバーホールでやってくれようとしたみたいなんだけど、結局キャリパー交換と相成りました。
そしたら、また電話があって、サイドブレーキのワイヤーがもう駄目で、それでキャリパーが戻らずにそのまま固渋した可能性が高いとのこと。
ワイヤーも交換と相成りました。

クラッチの方は、音さえ気にしなければまだいけると言われたけど、ちょっとでも劣化がわかった部品はできるだけ早く交換したい。
一人ならばいいのだが、家族と乗っているときにお不動様は絶対避けたい・・・
というわけで、そろそろ7万キロなので、あと10年乗るためにクラッチも交換。

最終的に30万コースと相成りました・・・

いいんです、部品の交換は。
自分も、物は違えど似たような仕事してますんで、予防保全に勝るものはないんです。

でも、「車検に落ちた」というのが釈然としない・・・
検査される個所を確認しないで検査場に持ちこんだってことよね・・・
それって普通のことなのか・・・?
それで「2回分の印紙代が・・・」
と言われても、どうもすっきりしない・・・

意外とミズスマシなのか? [ムルティプラ]

あたしは、あんまりスピードを出す人ではない。

家族に対してムル子の印象を悪くしないように、安全運転だ。
子供が小さいので、コーナーもGがかからないようにゆっくり。

ムル子は車高の高さもあり、コーナーを高速で抜けたいとは思わない車だ。
と今まで思っていた。
レビューを見ると、ワイドトレッドなのでコーナリングがいい的な記述を見かけるが、自分はそうでもないと思っていた。

最近、嫁が里帰り出産中なので、よく1人で首都高を走るのだが、これが意外に面白い。
車高が高いのを嫌って、今までゆっくり曲がっていたんだが、結構スピードが乗ってても想像よりも曲がれてしまう。

意外と身軽なのねムル子。

大人6人走行 [ムルティプラ]

先日、実家仙台帰省した際に、両親、妹夫婦、叔母、あたしの6人で乗車。

思ったより、全然ふつうに走れました。
もっと走らないかと思ってた・・・


ムルティプラでの休憩方法 [ムルティプラ]

今日、妻と息子を実家に送り届けての帰り道。

ちょっと眠くなったのでSAで休憩。
普段なら、運転席を倒して一息つくんですが・・・

せっかくの横幅な訳ですから、リアシートに横になってみました。
膝を軽く折れば十分に寝れます。
枕があればかなりちゃんと寝れるなと思いました。

でも、ふと思いつきます。
フロントセンターを倒して、リアセンターに座れば足が伸ばせるんじゃあ?
これやってみました。
どんぴしゃです。

フロントセンターを倒してテーブルにした状態だと、ちょうどリアセンターのオットマン状態です。
これ、非常に快適です。
リアシートもかなりリクライニングしますので、一人ならこれが最強です。

いやー、6人乗り冥利に尽きます。
国産Lクラスミニバンならオットマンあっても驚きませんが、こちらは全長4mですから。

ムルティプラでの高速走行 [ムルティプラ]

ムル子の主な仕事は、妻と子供を実家まで送り迎えすることなので、高速道路はよく使います。

そんなこんなで、むる子の高速性能はというと・・・

はっきり言って遅いです。

ぶん回せばそれなりの加速をするので、合流は余裕です。

ただ、その後はスピードを出す気にまったくなりません。
実用的な巡航スピードは100km/hくらいです。

120km/hはやれば出来るけど、長い間巡航するのは疲れます。

良くできた車を表現するときのように、
「気がつけば~km/h出ていた。」とか

欧州車のレビューでよく使われる
「速度を上げる程に安定感が増す。」

なーんてことはまったくありません、感じたまんまの速度ですね、はい。
体感速度はパンダに近いものがあります。

と言うわけで、高速での能力は「パンダに毛が生えた程度」です。
重量級ボデーに1.6lのエンジンですから、当然と言えば当然ですが・・・

ムルティプラの乗り心地 [ムルティプラ]

今日は妻の実家までドライブしてきました。

高速を使った遠出も2回目。
ドラポジもなんとなく定まってきました(足に合わせるとシフトが遠く、シフトに合わせると足が近い・・・)

さて、初回から気になっていたのですが、乗り心地は悪いです。
サスが固い訳じゃないのに、乗り心地が固いというか、あまり経験したことのない乗り心地です。
段差を超えた後の振動の収まりが悪いです。
重いのにぴょこぴょこしてるというか、なんというか・・・
正直、ファミリーカーとしては微妙な乗り心地と思います・・・
まあ、もうすぐ6万キロになろうかという個体ですから、なんかがへたってるのかもしれませんが・・・

レンタカーデミオを酷評していた妻に気がつかれないように、そろりとした運転を心がけています。

みんからのレビューでも、乗り心地が悪いと書いていた人がいたので、人によっては悪いと感じるのでしょう。

最後にもう一回書きます、「乗り心地は良くないです」
お買い求めの際は、家族での試乗をおすすめします。

前の10件 | - ムルティプラ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。