So-net無料ブログ作成
検索選択

埼玉県熊谷市 「朝日湯」 [銭湯]

最初に結果から言ってしまいましょう。
すばらしい銭湯でした!

妻の実家は「熱いぞ熊谷」で有名な埼玉県熊谷市。
駅前は古い商店が残る、わりと好きな町並みです。

銭湯検索すると3軒くらいしかヒットしない。
群馬銭湯大全の抜井さんが紹介しているページに惹かれ、朝日湯さんへ。
http://www.mitsuketa-g.com/tanbou/5806.html

息子同伴で炎天下なため、ムル子で向かったのだが、一方通行が多い上に近隣に駐車場が無く、銭湯の回りをぐるぐる回ってしまった・・・
(後で聞けば、店の前に止めて良かったとのこと・・・でも、むる子でかいからなあ・・・)

外観は相当古そう。
どきどきしながら男湯の戸を開けると、いきなり更衣室。
ついたてが無ければ丸見えです、はい。

お代を払って靴を脱ぐ。(普通の銭湯は靴を脱いでからお代払うとこが多いと思う・・・)
息子がもたついているので、話しかけたりして様子を見ていると、番台の女将さんが怪訝そうな顔でこちらを見ている。
息子が小さすぎて番台に隠れて見えないため、僕が独り言を言っているように見えたようだ・・・

小さい子連れと分かったとたんに、色々と気にかけてくれる。
「おっきいお風呂はじめて?」
石けんある?」

そして、靴を脱ぎ終わって服を脱いでいると、女将さんが浴槽の方からやってきて衝撃の一言
「一番手前のとこにたらい置いといたからね~」

浴槽は熱くて深いので、息子のためにたらい風呂を用意してくれたのだ。
しかも、アヒルのおもちゃ付き(このおもちゃは、最後にお土産にと頂きました)

浴槽に入ると先客が二人。
息子の頭を洗って流していると、となりのおじいちゃんが、桶にどんどんお湯を汲んでバケツリレーのように渡してくれる。
シャンプーを流すために、流しては汲みという作業をを繰り返す僕をみて見かねたらしい。

そうこうしているうちに、湯船に浸かっていたもうお一方が、浴槽にじゃんじゃん水を入れている。
「だいぶぬるくなったから、入れてみれば~?」

一度、他の銭湯で水を入れすぎて常連さんから怒られた経験がある僕としては、こういう世界もあるのかという驚き。

なんというか、すばらしい体験をしました。
今まで息子を連れて何軒か銭湯に行きましたが、ここまで色々やって頂いたのは初めてです。

設備はね、お世辞にもいいとは言えないんですが、こういう銭湯はずっと残って欲しいですね。
いい銭湯には、いいお客さんがいるんですな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。