So-net無料ブログ作成
検索選択

銭湯の後継者不足とはなんなのか??? [銭湯]

さて、会社を辞めることにしたので、すこしまじめに考えます。

後継者不足と言えば、農業伝統工芸、その他職人系なんかが思い浮かびます。
銭湯と何が違うのかな?

農業は土地を借りて、もしくは買って農作物を作り、それを販売することで利益を出すことが出来ます。
職人さんの場合は、技術の習得に時間がかかりますが、一人前になればそんなに設備投資しなくても(まあ、イメージですが・・・)それなりに稼げる?

銭湯の場合は、設備投資が必要なのに、儲かる見込みがない・・・どんなに努力しても恐らく稼ぎは減る一方でしょう・・・
借りてやっても、オーナーが代替わりすれば銭湯なんてどーなっちゃうかわかんない訳で、そこで買い取れるほどの貯金が出来るほど儲かるとも思えない・・・

自分は新しい銭湯を始めたいわけではなく、古い銭湯を存続させたいのだ。
掛け持ちでお手伝いするというのはどうだろう?
大変なのは薪をもらってきたり、閉店後の掃除とかか?
高齢のオーナーさんの力仕事を手伝う需要はあるだろうか?
個々の銭湯と話をするのではなく、組合から斡旋してもらう?
そもそも、銭湯の組合って横のつながりが薄そうだな・・・

うーん、チラシの裏な感じになってしまった・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。