So-net無料ブログ作成
検索選択

バッテリーが上がりました。 [ムルティプラ]

おととい、嫁の実家へ遊びに行こうとして2週間ぶりにむる子始動。
と思ったら、ほとんどセル回りません・・・

こういうのが一番嫌なのです・・・
家族とのお出かけ前のトラブルが・・・
パンダ乗ってた時は独身だったので、何があっても自分が困るだけだったのですが・・・
結婚してからは、家族みんなに迷惑がかかります。
仕事辞めたら維持していけないんじゃないかという不安が頭をよぎりますが、それはまた別の話。

さて、バッテリー上がりですが、とりあえずボンネットを開けて覗きこむと、バッテリーのプラス端子に盛り塩したかのようなバッテリー液の乾燥カス・・・
よくわからんが、バッテリー液が漏れてたことは間違いないようだ。

そもそも、車検の時に気がつかないのか・・・?
端子部の緑青の具合から見て、結構以前からっぽいのだが・・・
まあ、普段自分がボンネット開けてれば気がつくわけで、そこは素直に反省です・・・
ノーメンテで頑張れる車じゃないもんな・・・

保険についてるロードサービス呼んで、見てもらったけどそこまでひどくはないみたい。
一応、嫁の実家熊谷までそのまま走る。エスンストしないように最大限の注意を払いながら・・・

嫁をと子供たちを家に降ろし、一路オートバックスへ。
バッテリーを見ても型式らしいものが書いてないので、お店の人に聞いてみる。
今まで知らなかったのだが、輸入車って規格が違うのね・・・
そして、店員さんが教えてくれたバッテリーは、「欧州車専用」という仰々しい箱に入っていて、値段も負けずに仰々しい・・・
バッテリーなぞ数千円で買えると思っていたのが、いきなり23000円とか一体どーなってるんだ・・・

「やっぱりいいです」
という言葉が思わずこぼれそうになったが、むる子の名誉を守るため、ここはきっちり交換してに妻の信頼を取り戻さねば。
ついでに、近所のホームセンターでは売ってなかったH7のバルブも買って、この日は終わり。

翌日、朝食後すぐにバッテリー交換開始。
マイナス端子はすぐに外れたが、プラスが外れない・・・
マイナスが10mmのナットだったので、プラスも10mmかと思ったんだが・・・
盛り塩が発生した時になんか化学変化がおこって痩せてしまったのか、もとからなめ気味だったのか・・・
10mmはスカスカだし9mmは入らないし・・・

モンキーとかペンチ使って無理繰り外しましたけど、端子も緑青が酷いし、ナットは山がなくなっちゃったので近いうちに替えないと、次バッテリー替える時また苦労するなあ・・・

というわけで、なんとか交換も無事に終わり、しばらくエンジンかけといたら絶好調。
4年後の車検までもって欲しいなあ・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。