So-net無料ブログ作成
検索選択

なんで銭湯は廃業する? [銭湯]

利用者の減少と経営者の高齢化。

自分が客として行っている限りでは、現存している銭湯はそれなりに固定客がいる。
自分は遅い時間に行くことが多いので、そんなに人はいない。
しかしながら、先日息子の銭湯デビューで早い時間に訪れたら、お客さんたくさんいてびっくり。

高崎に住んでいたときも、お客さんはそれなりにいた。
採算ラインは分からないが、潰れる程過疎ってはいないと思う。

ただ、新規に開業したら借金は返せなさそう・・・

高崎に住んでいたときに、近所の銭湯が廃業したが、こちらはオーナーの体調不良だった。
銭湯自体はきれいで賑わっていたので、後継者不足で廃業するところも多いのかもしれない。

個人経営なので、オーナーが続けられなくなればそれでおしまい。
あかの他人が設備を譲ってもらったり、買い取る事は難しい。

買い取るにしても、大抵はオーナーの住居が隣接しているため、ちょっと微妙・・・
設備を借りて通いでやってみる?
その辺も、一代限りで廃業してしまいやすい原因かもしれない。

銭湯を継いだ人のブログを見ても、大抵家業を継いだだけのパターン。
近年、新規に開業したという銭湯は発見できなかった。

さてさて。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ナノ

ネットサーフィン中に立ち寄りました。

年々近所の銭湯が減って来てますね・・・。

高齢化社会の中、逆に栄えそうな気がするのに・・・。


by ナノ (2012-01-13 10:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。