So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

最後通告来た。 [主夫の友]

以前、退職に関して最終確認が来たと書いたが、一昨日、本当の最終確認が来た。

部長と課長は、うちの家庭環境を考慮した異動の案を持ってきてくれたが、どうにも気持ちは止まらない。
それでも、本当に最後と思うとかなり悩んだが、嫁と話し合って(まあ、最終的にはあたしの判断に任せるとの事だが)辞めることにした。

うちの父は、勤めていた会社が倒産したことがあり、その時はちょっと精神的に不安定になっていた。
(らしい・・・あたしは妙に無関心というか楽天的というか、あんまり気にしていなかった・・・)

今になって、その時の父の気持ちが分かった・・・
上司に辞めると告げた時、帰宅するまでの間は胃がキリキリして、何とも言えない不安というか焦燥感に駆られていた。

でも、家に帰って子供と嫁の顔見たら、不安は吹き飛んだ。

さあ、頑張ろう。

車雑誌がコンビニにない [日々雑感]

立ち読みが趣味です。
ほとんどの漫画週刊誌と情報誌は立ち読みです。

主戦場はコンビニですが、ここ1,2年でコンビニから車雑誌がどんどん減ってますね。
近所のサンクスは置いてませんし・・・

職場近くのコンビニもカートップとあとなんか一冊くらいしかないです。
僕が異動してきたときは、ティーポとかも置いてあったんですが・・・
周辺もそんなもん。

昔はもう少しあったような気が。

売れない商品に対してシビアなコンビニが置かないと言うことは、都会ではあんま需要がないんだな・・・

退社がほぼ決定。 [主夫の友]

いままで、ぼちぼち慰留されていましたが・・・
先週、最後の意思確認が行われました。

不安はありますが、辞めることを決めましたので、あとは一直線と思います。

さてさて・・・


古民家を改装って・・・ [日々雑感]

よく雑誌等で目にする「古民家カフェ」とか
古民家を今風にリフォームして暮らしてます!とか

一体いくらかけてるんだ・・・

現在家探し中で、2件ほど昭和レトロな家を見たが、あれを住めるようにするとなると格安注文住宅くらいの費用はかかりそう・・・

古い物を維持するのはさ、お金持ちじゃないと無理だな・・・

気仙沼に行った。 [東日本大震災]

父の実家は宮城気仙沼市。

小さい頃、親戚のおじさんの船で釣りに連れて行ってもらったりしました。
毎年、秋になるとおいしいサンマが送られてきます。

そんなおじさんの家は、津波で流されました。
震災当時の苦労話をたくさん聞かせてもらいました。
当日の、放浪から~アパートを見つけるまでのくだりは本当に大変だったと思います。
そんな思いをして見つけたアパートに、父は最低限の家電布団を届けました。
これだって、仕入れから届ける燃料の捻出まで、恐ろしく苦労したそうです。

帰りに父が港の方を案内してくれました。
その後、流された家があった場所を通りました。
テレビでよく見る、家の基礎だけが残った景色を目の当たりにしました。
陸にあげられた巨大な船がすぐそばにありました。

僕も妻もただ見つめるだけでした。

核家族の育児は大変です。 [日々雑感]

だからといって、パチンコしていい訳じゃないが・・・

僕だって、妻不在時に下の子が泣き止まないと正直参ります・・・
「抱いてても泣き止まないなら放置しても一緒」と妻に言ってしまって猛烈に後悔したこともあります。

でも、虐待ししたり、パチンコしたりするお母さんに同情の余地はありません。
ん、無いのか・・・?

育児ストレスになって心身ともに疲弊することもあるでしょう。
というか、なっても全然おかしくないと思います。
(旦那と一緒になって虐待するのは論外ですが・・・)

そんな家庭に、ばーばがいたらどうでしょう?(嫁姑戦争が勃発するかもしれませんが・・・)
お父さんが毎日夕食前に帰宅して、家事や育児を手伝えたらどうでしょう?(お父さんお手伝いしないと邪魔なだけで、かえってストレス増えますが・・・)

まあ、どっちがいいかはわからんですよ、やってみないと・・・
でも、働く場所が東京に集中してる状態とか、サービス残業前提になっている会社とか・・・あまり選択肢がない中で、幼児虐待とかパチンコ放置事件とかが起きると、なんだかやり切れんなあという思いで一杯です。

「育児が大変なのは今だけよ」
親戚やら近所のおばさん、はたまたスーパーですれ違う人達に言われます。(二人目が生まれてからは特に言われる・・・)

その「今だけ」を乗り切れずに、幼い命が奪われるのはなんとも・・・

現在のフォーメーションと言うか座席表。 [ムルティプラ]

夏休みに、実家仙台帰省しました。
今回は、仙台のじじばばと一緒に出かける予定があったので、ムル子で帰省。
子供達は文字通り、生まれて初めての長距離ドライブです。

これまでの経験から少しフォーメーションを変えました。

今までは↓

息子 空 僕
娘   妻 空

・利点
フロントセンターをテーブルとして使うことにより、妻の作業スペースが確保できる。
フロントセンターをテーブルにしている為、そのスペースを使い後ろから息子をのぞき込むことが可能。
僕もルームミラーで娘の様子が確認できる。
妻も子供へアクセスしやすく、荷物を広げるスペースもあり、そんなに不便は感じてませんでしたが・・・
・不満
前三座の意味があまりない・・・

と言うわけで、ちょいと変更してみました↓

空き 息子  僕
妻   空き  娘

この配置で助手席を思いっきりリクライニングさせます。
そうすると、そこからウォークスルーが可能で、娘が寝ている場合等は、前に移動してきて川の字ドライブが可能。
僕は息子がすぐ隣に来るので、ぐずった時も運転に支障がない範囲で対応可能です。
テーブルが無くなった分は、リアセンターが空いてるのでそれで何とかしてもらう。

有事の際に(息子ぐずる、飲み物こぼす等)妻が前に来れるのは心強いですね。

しばらくは、この配置でいってみよう。

メダルを取るか逃すか。 [日々雑感]

ロンドンオリンピックも終わり、メダリストの凱旋ラッシュ

連日のように報道されるメダリスト達の一挙一動。

無名の選手が、メダルを取ったことによりいわゆる時の人となる一方、
メダルを逃した選手の話は一切出ない。

まるで、無かったかのような扱い。
まあ、しょうがないと言えばそれまでなのですが・・・

ただ、僕は柔道の福見選手が好きで応援していたので、開幕前にあれほど騒がれていた福見選手が忘れ去られたようになっているのがとても寂しく悔しい・・・

勝負の世界は非情です・・・

埼玉県熊谷市 「朝日湯」 [銭湯]

最初に結果から言ってしまいましょう。
すばらしい銭湯でした!

妻の実家は「熱いぞ熊谷」で有名な埼玉県熊谷市。
駅前は古い商店が残る、わりと好きな町並みです。

銭湯検索すると3軒くらいしかヒットしない。
群馬銭湯大全の抜井さんが紹介しているページに惹かれ、朝日湯さんへ。
http://www.mitsuketa-g.com/tanbou/5806.html

息子同伴で炎天下なため、ムル子で向かったのだが、一方通行が多い上に近隣に駐車場が無く、銭湯の回りをぐるぐる回ってしまった・・・
(後で聞けば、店の前に止めて良かったとのこと・・・でも、むる子でかいからなあ・・・)

外観は相当古そう。
どきどきしながら男湯の戸を開けると、いきなり更衣室。
ついたてが無ければ丸見えです、はい。

お代を払って靴を脱ぐ。(普通の銭湯は靴を脱いでからお代払うとこが多いと思う・・・)
息子がもたついているので、話しかけたりして様子を見ていると、番台の女将さんが怪訝そうな顔でこちらを見ている。
息子が小さすぎて番台に隠れて見えないため、僕が独り言を言っているように見えたようだ・・・

小さい子連れと分かったとたんに、色々と気にかけてくれる。
「おっきいお風呂はじめて?」
石けんある?」

そして、靴を脱ぎ終わって服を脱いでいると、女将さんが浴槽の方からやってきて衝撃の一言
「一番手前のとこにたらい置いといたからね~」

浴槽は熱くて深いので、息子のためにたらい風呂を用意してくれたのだ。
しかも、アヒルのおもちゃ付き(このおもちゃは、最後にお土産にと頂きました)

浴槽に入ると先客が二人。
息子の頭を洗って流していると、となりのおじいちゃんが、桶にどんどんお湯を汲んでバケツリレーのように渡してくれる。
シャンプーを流すために、流しては汲みという作業をを繰り返す僕をみて見かねたらしい。

そうこうしているうちに、湯船に浸かっていたもうお一方が、浴槽にじゃんじゃん水を入れている。
「だいぶぬるくなったから、入れてみれば~?」

一度、他の銭湯で水を入れすぎて常連さんから怒られた経験がある僕としては、こういう世界もあるのかという驚き。

なんというか、すばらしい体験をしました。
今まで息子を連れて何軒か銭湯に行きましたが、ここまで色々やって頂いたのは初めてです。

設備はね、お世辞にもいいとは言えないんですが、こういう銭湯はずっと残って欲しいですね。
いい銭湯には、いいお客さんがいるんですな。

銭湯の後継者不足とはなんなのか??? [銭湯]

さて、会社を辞めることにしたので、すこしまじめに考えます。

後継者不足と言えば、農業伝統工芸、その他職人系なんかが思い浮かびます。
銭湯と何が違うのかな?

農業は土地を借りて、もしくは買って農作物を作り、それを販売することで利益を出すことが出来ます。
職人さんの場合は、技術の習得に時間がかかりますが、一人前になればそんなに設備投資しなくても(まあ、イメージですが・・・)それなりに稼げる?

銭湯の場合は、設備投資が必要なのに、儲かる見込みがない・・・どんなに努力しても恐らく稼ぎは減る一方でしょう・・・
借りてやっても、オーナーが代替わりすれば銭湯なんてどーなっちゃうかわかんない訳で、そこで買い取れるほどの貯金が出来るほど儲かるとも思えない・・・

自分は新しい銭湯を始めたいわけではなく、古い銭湯を存続させたいのだ。
掛け持ちでお手伝いするというのはどうだろう?
大変なのは薪をもらってきたり、閉店後の掃除とかか?
高齢のオーナーさんの力仕事を手伝う需要はあるだろうか?
個々の銭湯と話をするのではなく、組合から斡旋してもらう?
そもそも、銭湯の組合って横のつながりが薄そうだな・・・

うーん、チラシの裏な感じになってしまった・・・
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。